スズキへ「トヨタ・ハイブリッドシステム」を供給。トヨタとスズキの協業が前進

コラム Clicccar

2016年10月にトヨタとスズキは、業務提携に向けた検討を開始すると発表しました。その会見の場で、両社は環境や安全、情報などの分野で先進・将来技術の開発が求められるという危機感を示していました。さらに、2017年2月6日には、両社が業務提携に向けた覚書を締結しました。

しかしそれ以降、両社の具体的な進展はそれほど表に出てきませんでした。

トヨタとスズキが具体的内容の検討を続けてきた結果、2019年3月20日、トヨタが持つ強みである電動化技術、スズキが持つ強みである小型車技術を持ち寄り、生産領域での協業や電動車の普及など、新たなフィールドでともにチャレンジしていくため、具体的な検討に着手することに合意したと発表しました。

●スズキへTHS(トヨタハイブリッドシステム)を供給(グローバル)
●ハイブリッドシステム・エンジン及び電池の現地調達化によるインドでのHV技術の普及(インド)
●欧州でのスズキへの電動車OEM(トヨタ名 RAV4、カローラワゴン)供給(欧州)

●インドでのスズキ小型モデル(スズキ名 シアズ、エルティガ)をトヨタにOEM供給(インド)
●デンソーとトヨタが支援するスズキの新開発エンジンを、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランドで生産し、トヨタ小型モデルへ搭載(欧州)
●スズキがインドで生産する小型車(スズキ名 バレーノ、ビターラブレッツァ、シアズ、エルティガ)をトヨタのアフリカ市場向けにもOEM供給(アフリカ)

●スズキのインドにおける車両開発の知見も活用したトヨタCセグメントMPVの共同開発およびスズキへのOEM供給(インド)
●2022年からトヨタキルロスカ自動車(TKM)で小型SUV(スズキ名 ビターラブレッツァ)を生産

となっています。協業の具体策が見えてこなかった点については、インド政府の電動化政策の行方がなかなか定まらず、この点がトヨタとスズキの協業計画に影響を与えたという憶測も流れています。

インドのEV化政策がどう動いていこうとしても、大きな流れとして電動化は避けられませんから、今回の具体化によりインドや欧州、アフリカ、グローバルでどういった成果を上げられるかさらに注目です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ