軽自動車初&三菱自動車初となる最新の先進安全装備を満載【三菱eKワゴン/eKクロス登場】

コラム Clicccar

2019年3月28日に発売された新型eKワゴン/eKクロスは、NMKVが企画・開発マネジメントを担当し、日産が開発を主導、三菱自動車の水島製作所で生産されています。

プラットフォームやパワートレーンなどの主要コンポーネントを刷新した軽ハイトワゴンで、三菱自動車らしいエクステリアデザインに加えて、三菱の軽自動車作りのノウハウ、日産の「プロパイロット」などの先進技術を融合させた意欲作。

まず、安全装備の注目点は、三菱自動車初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」が「M」グレードをのぞき全車にメーカーオプションで設定された点です。アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、ドライバーの疲労を軽減するもの。さらに、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線維持支援機能(LKA)も用意されます。

先進技術ではさらに、2WD/4WDに全車標準装備される「グリップコントロール」が滑りやすい路面での発進、加速をサポート。また、ルームミラー内にあるモニターに俯瞰映像を映し出す「マルチアラウンドモニター」も設定されるほか、軽自動車初のデジタルルームミラーも用意。ほかにも、前席両側のSRSエアバッグに加え、前席サイドエアバッグ、カーテンエアバッグを全車に標準化。

なお、先代から搭載されていた衝突被害軽減ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームに加えて、車線逸脱防止支援機能が新たに加わったことで、全車「サポカーSワイド」に該当しています。

新型eKワゴンの価格帯は1,377,000円〜1,506,600円。eKクロスは1,414,800円〜1,765,800円です。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ