マクラーレン・F1の後継となるハイパーカー、コードネームは「T50」か?

コラム Clicccar

ゴードン・マレー氏が開発中と見られる、新型ハイパーカーのコードネームが「T50」であることがわりました。

伝説の名車、マクラーレン 「F1」の産みの親であるゴードン・マレー氏は、2017年に少量生産の自動車メーカー、「ゴードン・マレー・オートモーティブ」を立ち上げると発表しました。現在、「F1」後継モデルとなるハイパーカーを計画しているとみられています。

これまで入手した情報では、マニュアルギアボックスと組み合わされるV型12気筒エンジンを搭載するということでしたが、新たにコードネームが「T50」であること、限定モデルであること、カーボンモノコックを採用し1,000kg以下の軽量モデルで、アストンマーティン「ヴァルキリー」やメルセデス「AMG Ome」をも凌ぐパフォーマンスを持つことがわかりました。

ワールドプレミアは、2020年のモーターショーが有力とされています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ