新型ホンダ・フィットのプロトタイプをキャッチ、ついに市販型デザインが見えた!

コラム Clicccar

ホンダの人気コンパクトモデル「フィット」の次期型プロトタイプを半年ぶりにカメラが捉えました。

捉えた最新開発車輌はカモフラージュがかなり落とされており、フロントエンドには大型のヘッドライト、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライト、3本の横スラットが入ったグリル、大口のコーナーエアインテークやリップスポイラーなどが見てとれます。

リアエンドには、現行モデルから刷新され、リアゲートに伸びる薄くワイドなテールライトのデザインまで露出しているのがわかります。

さらに、Aピラーからルーフエンドまでラウンドしたボディシルエットが見てとれ、ルーフレールを装着した姿はクロスオーバー寄りのイメージを感じます。

最新情報によると、パワートレインは1.0リットル直列3気筒エンジン、最高出力110psを発揮する1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、最高出力153psを発揮する1.5リットル直列4気筒+「i-MMD」ハイブリッドモデル、航続300kmのEVなどのラインアップが予想されます。

ワールドプレミアは最速で2019年後半、遅れれば2020年前半となるでしょう。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ