新型シルフィが日産GT-R同等の空力性能を実現! 100%電気自動車のコンセプトカー「IMs」も進化!!【上海国際モーターショー2019】

コラム Clicccar

■シルフィなのにスポーティでカッコよくなって登場!

2019年4月16日、日産自動車は上海国際モーターショー2019において、最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新型「シルフィ」をワールドプレミアしました。日本でも現行シルフィは発売されていて、今回中国で発表された新型は、燃費性能を向上させた新しいパワートレインを採用し、より低重心でワイドなスタンスとともに空力性能を向上させた外観デザイン、そして広々として質感の高い内装が自慢。

まず目を惹くのがスポーティな外観。低い重心と流線形のエクステリアデザインにより空気抵抗を低減し、GT-Rと同等のCd値0.26を実現したそう。フロントには、日産デザインを象徴するVモーショングリルを、リヤにはブーメラン型LEDライトが採用され、サイドは静止している時でも動きを感じさせるダブルウェストラインを特徴としています。

搭載されるエンジンは、最新のHR16DE型とエクストロニックCVTを搭載し、燃費性能を向上させながらリニアでスムーズなドライビングが可能だそう。さらに、ハンドリングを向上させ、より安定したドライビングフィールを得るため、ステアリングやサスペンション、ボディの剛性を向上。

ワイドスタンスとロングホイールベースにより実現した広々としたキャビンには、人間工学に基づいて設計されたソフトで快適なシートが用意されています。内装はスポーティなブラック、ライトグレー、そして特別色のタンの3色が設定されていて、シートにはラグジュアリーな印象を与えるダイヤモンドカットのキルト柄があしらわれています。

3つの吹出口を備える空調システムも快適性と利便性の向上を目的にデザインされているそうです。統合スイッチをコントロールすることで、前席と左右の後席にそれぞれ送風することが可能。インパネ中央の8インチモニターに加えて、スマートで機能的なデザインのメーターパネルには、様々な情報を表示する7インチの高解像度TFTモニターが装備されています。

また、新型シルフィは、スマホとシームレスにつながり、ボイスコマンド機能を採用するなど、コネクティビティ性能も向上されています。また、「インテリジェント トレースコントロール」や「インテリジェント ライドコントロール」、踏み間違い衝突防止アシスト、前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)、後側方車両検知警報(BSW)、車線逸脱警報(LDW)、後退時車両検知警報(CTA)、ふらつき警報(インテリジェント DA)など最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術や先進の安全装備が多数用意されています。

ほかにも、2019年北米国際自動車ショーで初公開された100%電気自動車のコンセプトカー「IMs」は、進化したスポーツセダンという新しいセグメントを提案。自動運転モードでの走行中は、ステアリングが格納され、広々とした室内で快適なドライビングを提供。マニュアル運転モードでは、先進の電気自動車ならではのワクワクする高性能な走りを楽しむことができます。

クロスオーバーのコンセプトカー「IMQ」には、電動モーターとモーターを駆動するための電気を発電するガソリンエンジンを組み合わせた「e-POWER」を搭載。電動モーターのみで駆動するため、100%電気自動車と同様の俊敏で力強い走りを楽しむことができるとしています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ