【新車】日産・GT-Rの2020年モデルが登場。ニスモ仕様譲りのターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用

コラム Clicccar

2019年4月17日、日産自動車は今年6月に発売予定とされている「NISSAN GT-R」の2020年モデルを発表しました。

今回、発表された2020年モデルは、妥協することなく「速さの質」を追求したとしていて、加速やハンドリングにこれまでに培ってきたレーステクノロジーを惜しみなく投入することで、さらなる深化を遂げたそう。

匠により、1台1台手組みされている3.8L V6 24バルブツインターボエンジンを搭載。2020年モデルでは「NISSAN GT-R NISMO」で採用されてきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術「アブレダブルシール」が採用されています。

レース用ターボチャージャーに多く使用されている同技術は、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現するものです。

また、街乗りからサーキットまであらゆるシーンにおいて、より最適なギヤを選択しコーナリング時にエンジンパフォーマンスをより堪能できる変速を実現するため、Rモード専用の「アダプティブシフトコントロール(ASC)」のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定。

これにより、コーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギヤを選択し、より鋭いコーナー進入と同時に、再加速時のレスポンスを向上させ、より鋭いコーナー加速を実現するそう。さらに、新たなサスペンションセッティングを行うことで、速さはもちろん、鋭い応答性と乗り心地の質の高さを実現しています。

ブレーキも進化していて、従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるよう、ブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキになったそう。

ボディカラーでは、見る角度により表情を変える新色の「ワンガンブルー(4RPM)」が設定されています。まるで一瞬で駆け抜ける閃光のような鮮やかなブルーが特徴で、青色の透明ベースに光干渉顔料を追加することで、日没の余韻を感じさせるミステリアスな色の変化が楽しめるそうです。

また、職人がひとつずつ手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャが採用され、よりスポーティな印象を与えるマフラーと、新デザインのホイールが2020年モデルのエクステリアのポイント。

価格は「GT-R Pure Edition」が1063万1520円、「GT-R Black Edition」が1253万9880円、「GT-R Premium Edition」が1210万5720円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ