【独占インタビュー】国内ツーリングカーによるスプリントレース復活!TCRJは楽しめるレースになりそうな期待大

コラム Clicccar

2014年に発表され、翌2015年から世界中で開催されて大活況の様相を呈しているTCR車両によるレース。近年国内でもTCR車両が耐久レースで活躍する中、満を持してJTCC以来21年ぶりとなるスプリントレース・TCR Japanシリーズ(以下TCRJ)が開催される運びとなり、5月18日に大分県のオートポリスで開幕を迎えます。

今回はそんな大注目のTCRJについて、日本TCRマネジメントCEOである倉下明社長と、TCRJの実況を務める水村リアさんにお話を伺いました。

── まず、TCRJ開催に至るまでの経緯についてお聞かせください。

2年ほど前、レース関係者から「TCRやろうよ」というお申し出を頂いて、なんの予備知識もないまま2017年5月にイタリアのモンツァで開催されたTCRレースを視察に行きました。

TCRJと同時開催されるスーパーフォーミュラ(以下SF)は、(日本のみならず世界的にもレースとして)突き詰めたところまで来ていますが、TCRレースは車好きな人が集まって、純粋にレースを楽しんでいる。そこに参加者の家族をはじめいろいろな人たちが集まってきて、土曜日の夕方には宴会をしたりして、みんなで楽しんでいる姿がとても印象的でした。

また、実際レースで走っている車も、ヨーロッパでは普通に町中で見られる車種がサーキットを走っていて、ぐっと親近感を感じました。かたや日本では今、そういう文化やレースがないのかなと、単純にいいなぁと羨ましく思いました。

SFも、もちろん面白いレースだと思ってますが、その一方で(SFのオーガナイザーとして)観客の動員を今よりさらに増やしたいとも思っています。そんな中で、もしそういう文化を定着させることができれば、SFというイベントそのものがスケールアップできることも期待できます。これはぜひやってみたいな、と思ったのがきっかけです。

── 視察から開催発表まで1年以上かかったわけですが、開催にこぎつけるまでの苦労や問題点などがあったのではないでしょうか?

SFはご存知の通り、トヨタさんとホンダさんというパートナーに助けてもらいながらやっているカテゴリです。ホンダさんはTCR車両としてシビックがありますが、トヨタさんは現状ではまだ取り組まれていない。TCRJ開催にあたり併催となるSFの大切なパートナーに温度差があったのが最初のハードルです。

また現状でもSF開催当日のタイムスケジュールが切迫していて、そういった時間的なことを含めて開催サーキットさんごととの調整もありました。さらにイベントとして経済的に自立してやっていけるかという環境の整備も当然考えなければならず、そういった部分には時間がかかりました。

そうした中、世界的にTCRレースのタイヤサプライヤーである横浜タイヤさんのご助力が、このプロジェクトを進める原動力となりました。

また、今回のTCRレース国内開催にあたっては、コックスさんと童夢さんという新しいパートナーが現れて、同じ気持ちで「一緒にやろうよ」と言ってくれた人たちがいました。こうした方々がいてくれたことが、なんとかこのプロジェクトを実現できた大きな理由です。

── そうした苦労の甲斐もあり、初年度から15台のエントリーを集めることになりました。

おかげさまでいい風が吹いて来ているんじゃないかと感じています。この機会を逃さないよう相当頑張らないとな、と思っています。

── 実際にTCRレースを観戦されたご経験を踏まえて、どんなところがこのレースの見どころになると思われますか?

3月に行われたTCRJのテストを見て、まず走りそのものがキビキビしていて面白いなと感じました。またヨーロッパほどではないにしても馴染みのある車が走っている、レースをしているというのは見ていて楽しめるのではないでしょうか。

そして、これは偶然なのですが、昨年には開催初年度となったWTCR(FIA ワールド・ツーリングカー・カップ)がSF最終戦と併催され、とても白熱した面白いレースを見ることができました。いきなりあのレベルまで行くのは大変だと思いますが、同じ車両を使ったレースとしては抜きつ抜かれつもあり、非常に面白いレースが期待できるのかなと。

また多種多様な車種が参戦できるうえでBoP(Balance of Parformance、性能調整)が機能していて、ドライバーの腕やエンジニアの工夫で勝敗が決するようなコンペティティブなレースとなっている。しかもそれが世界共通のルールのもとで行われているっていうところを意識して見ると、違った楽しみ方もできるのではないでしょうか。

── 実況を担当する水村さんもプライベートで先日のテスト走行を観戦されたとのことですが、ご自身で感じた事や注目選手などはいらっしゃいますか?

はい、以前からTCR車両には関わっていて興味があったので、TCR車両によるレースがこうして日本で開催されるのがまず本当に楽しみです。

実は以前、マカオでWTCCを現地で観戦したことがあって、これってガチだなと。日本ではクリーンなレースが多いですけど、マカオではみんな本当にガチンコで、ぶつけてもいいから俺は前に行くぞ!っていう闘争心をむき出しにして戦っている姿がとても印象的でした。

そんなレースがいよいよ日本でも見られるんだって。最近の日本ではあまり見られない男気あふれるレースが見られるんじゃないかと今から期待しています。

そしてすでに国内でも耐久レースではTCR車両が活躍していますが、耐久レースでは強かったチームがスプリントレースでは苦戦するかもしれない。そうした戦い方の違いやメーカー車両別の争いも面白いんじゃないかなと思います。

参戦ドライバーについては、実はまだけっこう謎なチームが多いです。特にローマ字でファーストネームだけの方とか、「この人、いったいどこまで素性に触れていいんだろう?」って、まだ探り探りの状態です。ジェントルマンドライバーでも個性の強い方が多そうなので、そういったところにも注目し掘り下げてお伝えしていきたいと思っています。

(倉下CEOから)水村さんには、実況しなくていいよと伝えてあります。女性によるスポーツの実況がなかなかうまく行っていない昨今ですが、実は水村さんにはSFの仕事をお願いするようになってからかなりの数のトークショーをやってもらっていて、彼女のトークショーの形ができているのを見ています。

そこで実況席には座ってもらいますがあまり実況と思わず、ゲストの方を交えて生のレースを見ながらいつものトークショーをやってくださいとリクエストしてあります。そしてそれをそのまま場内実況としてサーキットにご来場の方に聞いていただくのと同時に、SFのYouTubeチャンネルでライブ配信も行う予定です。

── それは新しい試みですね!見ているこちらもなんだか感情移入してしまいそうです。それでは最後にファンの方へメッセージをお願いします。

(倉下)SFも、もちろん面白いんですけど、TCRも実際にレースを見てとても面白いと感じました。サーキットに来るとSFとTCRの両方1度に楽しめますので、ぜひサーキットにご来場いただいて、一緒にレースを楽しんでいただければと思います。

(水村)今の日本にないカテゴリの新しいレースの形が見えるシリーズになると思うので、配信もあって確かに現場に来なくても見れるかもしれませんが、レースの醍醐味はやっぱりネットでは伝えられない音や匂い、現場の雰囲気そのものなので、配信をきっかけとしてサーキットまで足を運んでくだされば、一石二鳥でフォーミュラと箱車のレースが見れますので、ぜひまずは配信からでも興味を持って貰えればと思います。

インタビュー後、倉下CEOから「いずれは乗ってみたい?」と聞かれた水村さん。以前N-one owners cupにも出場経験のある水村さんから「N-one乗ったので次は(同じFFターボの)TCRですかね(笑)」「マイクつけて実際走行しながらの実況?(笑)」なんていう発言も飛び出し、オーガナイザー自らも開催前からとても楽しんでいる雰囲気が伝わってくるインタビューとなりました。

そんなTCRJは5月18、19日に九州オートポリスでいよいよ開幕を迎えます。現地観戦でも配信でも楽しめるTCRJにぜひご注目ください!

(H@ty)

【関連リンク】

TCR Japan series
https://tcr-japan.jp/

SuperFormulaVideo
https://www.youtube.com/user/superformulavideo

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ