フェラーリ「テスタロッサ」が1000馬力のV12ハイブリッドモデルとして復活?

コラム Clicccar

フェラーリ歴代モデルの中でも印象に残る「テスタロッサ」。1980年台に人気を博したモデルが、現代版として復活する可能性があることがわかりました。

テスタロッサは、1984年「512BBi」の後継モデルとして登場。排気量4.9リットル、バンク角180度のV型12気筒エンジンをミッドシップに搭載し、最高出力390ps、最高速度3000km/h、0-100km/h加速4.9秒のパフォーマンスを持つ、フラッグシップ・スーパーカーでした。

車情報サイト「TheSupercarBlog.com」のインタビューによると、現代版のパワートレインに関して言及されてはいないようですが、最高出力1000ps以上を発揮するV型12気筒エンジンに、「ラ・フェラーリ」から流用するハイブリッドシステム「HY-KERS」システムを搭載する可能性が高いといいます。またエクステリアデザインは「テスタロッサ」や「512TR」(1991年に登場した後継モデル)の意匠からインスパイアされたデザインが予想されています。

世界初公開は、V型6気筒搭載のハイブリッド「ディーノ」」(仮称)とともに、2019年内と思われます。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ