トヨタ・86/スバル・BRZの次期型はトヨタ製FRプラットフォームを採用か?

コラム Clicccar

トヨタとスバルが販売する「86」と「BRZ」の次期型に関する最新情報を入手しました。今年2月には、両車両の次期型開発は順調に進められていると報じましたが、情報に進展が見られました。

「86/BRZ」現行モデルは、スバル「インプレッサ」から流用された「SGP」の最新世代プラットフォームが使用されていますが、オーストラリアの「Motoring」誌の調べによると、次期型では採用が見送られるといいます。

代わって「カローラ」「カムリ」「RAV4」と共有する、トヨタ製「TNGA」プラットフォームが採用される可能性があるようです。これにより、軽量化、ねじり剛性が向上するとともにスポーツ性能が高められるFRモデルが期待できると思われます。

また新型は、2017年東京モーターショーで初公開された「GR HV Sportコンセプト」がベースになる可能性もあるようです。実現すれば取り外し可能なタルガトップとして登場する可能性も予想されます。

現時点でのパワートレイン情報は、1.8リットル水平対向4気筒ダウンサイジングターボが予想され、220psから240ps程度まで向上されます。ワールドプレミアは、最速でも2021年以降が有力です。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ