「過激すぎる」MINI。史上最速モデル「JCW GP」市販型の最終デザイン見えた

コラム Clicccar

MINIラインアップの頂点に設定されるハードコアモデル、「JCW GP」(John Cooper Works GP)市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクの「ノルトシェライフェ」で高速テストを開始しました。

今年2月には輸送中の開発車輌をキャッチしましたが、今回はリアクォーターウィンドウ以外、市販型デザインが完全露出しています。

ローダウンされたボディには、メッシュのラジエーターグリル、エアロダイナミクス性能を向上させるリップスポイラー、大型コーナーエアインテークを装備。サイドにはかなり攻めたデザインのエアアウトレット付きオーバーフェンダー、フロント大型ブレーキ、赤いキャリパー、そして20インチと思われる大径ホイールやサイドスカートが見て取れます。

リアエンドには「GP」の文字が刻印された大型スプリット・ルーフスポイラー、ツインエキゾーストパイプなどが装備され、市販型モデルとしては過激すぎるデザインが完全露出しています。

注目のパワートレインは、BMW「X2 M35i」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力はベースとなる「JCW」の231psから70ps以上アップする302psが予想されます。

ワールドプレミアの場は9月のフランクフルトモーターショーが有力で、発売は2019年末。限定3000台と発表されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ