F1開催地、モンテカルロ市街地コースを歩いてみた!【F1女子モナコGP観戦記】

コラム Clicccar

私は今、F1第6戦モナコGPを観にきています。

F1を好きになってから早13年。「いつか行ってみたい」と長年夢見てきたこの場所に自分がいることが未だに信じらず、どこかフワフワした気持ちでこの記事を執筆しているところです。

モナコGPに行こうと思い立った時、まず考えたのが「ツアーで行くか、個人手配で行くか」。フランス語が不安だし初めて行く場所なので、ツアーだと安心かなと思いましたが個人手配で挑戦してみることにしました。

まずはチケット。これはモナコGPオフィシャルサイトから購入しました。英語表記があるので、一安心です。

座席はチームガレージが見えるT席に。この座席のチョイスが、ドライバー好きの私にとって大成功! 朝ガレージに出勤するドライバーを見ることができ、更に応援グッズを持ってドライバーの名前を叫んだら気付いてサムアップしてくれたのです。

ガレージを見続けていると面白い発見がたくさんあったので、これは後日詳しく紹介しますね。

チケットの手配が終ったらホテル探し。「モナコGPに行くならモナコに泊まりたい!」と意気込みながら検索してみたのですが、世の中そんなにあまくはなかった……。

まず近場のビジネスホテルは満室。空いているホテルを見てみると、た・た・高い! 桁がいつも見るものと違いすぎて目を疑いました。一週間モナコの高級ホテルに泊まったら他の海外GPに行けるほどです。

結局、モナコまで電車で約20分ほどのニースに宿泊することに。ここからモナコまでは毎日電車で通うことになるのですが、レースが始まるとキップ売り場が混み合うと予想し、事前に購入することにしました。

駅には日本で言う「みどりの窓口」的存在のチケットカウンターが。ここで水曜日〜日曜日までの往復チケットを購入します。心配していた言語もチケットカウンターで順番待ちをする際、英語を選択して予約表を発券すれば英語対応のカウンターに行けるのでスムーズにキップを購入することができました。

そして最後に航空チケットの購入。日本から宿泊地ニースへの直行便はないため、どこかで乗り継ぐ必要があります。私は成田からパリ(シャルル・ド・ゴール空港)へ、そしてニース・コート・ダジュール空港に向かいました。

ニースに到着すると、空港内にバルテリ・ボッタス(メルセデス)のCMが流れている〜! もうこれだけでテンション上がりまくりです。

ちなみに現在滞在4日目ですが、ホテルやお店、サーキットの中などほとんど英語が通じます。治安の悪さも心配していましたが、暗くなる前にホテルに戻り、メイン通りを中心に歩けば怖くはありません。

天候は20度前後で過ごしやすく、昼間は日差しが強いので日本よりも暖かく感じます。Tシャツに少し厚手の上着をはおる、という感じです。

モナコに行って絶対にやりたかったこと。それが「コースを一周する」こと。

モナコGPの名物と言えば、やっぱり市街地コースを駆け抜けるマシン達ですよね。モンテカルロ区とラ・コンダミーヌ区の公道を閉鎖して造られた1周3,340mのモンテカルロ市街地コースを歩いてみました!

下見をかねて水曜日にいざ、サーキットへ!

コースサイドにたどり着くとテレビで見ていた光景が目の前に広がり、感無量(涙)。「この景色が見たかったんだよなぁ」と感動のあまり、しばらくその場に立ち尽くしてしまいました。

さぁ、写真と共にモンテカルロ市街地コースを一周してみましょう!

まずはホームストレート。2車線しかなく、とにかく狭い!! ここにF1マシンが2台並んだらギリギリだろうなという感じです。

昨年のモナコGPで当時レッドブルドライバーだったダニエル・リカルドが優勝し、モナコ皇室の人々の前で勝利のシューイを披露するという伝説を作ったポディウムを発見!

今年は誰がこのポディウムの中央に立つことになるでしょう。地元の人は「モナコ出身のシャルル・ルクレール(フェラーリ)だろう!」と盛り上がっていたので、ルクレールが勝つといいな、なんて思ったり。

勝負の鍵をにぎる1コーナーから「美しい海を望む」という名が冠せられた長い上り坂のボー・リバージュ。想像以上の急勾配で、上るのに一苦労(汗)。上りきる頃には汗だく&ふくらはぎがパンパンになっていました。

そして名物カジノコーナー。高級車とブランド店が建ち並び、あまりにも非現実的な世界すぎて開いた口がふさがりません(笑)。

一番見たかった、フェアモント・ヘアピン。「来てよかった!」と思わず眼頭が熱くなるほど感動しました。

自転車で下ったら怖いだろうな、と思うほどの坂道とヘアピン。ここでレースが行われるなんて、やっぱり信じられない!

高速で駆け抜けて行く姿がたまらない、トンネル。テレビで見ているとまるで瞬間移動したかのように一瞬で通り抜けていきますが、歩くと(写真を撮りながらなのでゆっくりペースではありますが)約5分かかりました。

オーバーテイクポイントとなるヌーベル・シケインでは、コース上の文字を作成中。ご苦労様です!

海岸沿いに出ると、様々な国の豪華客船がずらり! みんな優雅で羨ましい〜。よし、宝くじが当たったら船上から見よう!!

そして2006年にミハエル・シューマッハーが予選中に停車し、故意にコースを塞いだとしてタイムを抹消されたラスカスから最終コーナーを抜けて、ゴール! 母と一緒なので途中2回の休憩をはさみのんびりペースで行きましたが、約1時間歩き良い運動になりました。

何より人生で一度は歩きたかったモンテカルロ市街地コースを歩け、最高の思い出ができました!

(yuri)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ