ポルシェ初の市販EVワゴン「タイカン スポーツツーリスモ」、600馬力のパワーをニュルで開放!

コラム Clicccar

ポルシェ初の市販EV「タイカン」の派生モデルとして開発されている「タイカン スポーツツーリスモ」のプロトタイプを、ニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

ベースとなっているのは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開されたコンセプトカー「ミッションEクロスツーリスモ」で、フロントマスクはクーペとほぼ同じデザインが予想されています。

しかし、Cピラー以降はルーフを延長し、4ドアモデル「パナメーラ」より大型のラゲッジルームを装備。実用性とスポーツ性を合わせ持つモデルと言えます。

捉えたプロトタイプは奇妙なツインエキゾーストパイプを装備していますが、もちろんフェイクです。

クーペのパワーユニットは、2つの電気モーター(PSM)を搭載。最大出力600ps以上を発揮し、0-100km/h加速は3.5秒、12秒以内に200km/hに達するハイパフォーマンスを持つと発表されていますが、スポーツツーリスモも同等の走行性能が期待されています。

1回の充電での航続は500kmとされ、800Vの電圧を持つ最新の急速充電システム「ターボチャージング・ステーション」により、わずか4分間で100km走行分のバッテリー容量を充電可能にします。

「スポーツツーリスモ」市販型のワールドプレミアは、2020年内となりそうです。

(APOLLO)

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ