燃費向上に寄与するボッシュの「トランスミッション用電動オイルポンプ」が日本初公開【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】

コラム Clicccar

ボッシュが日本で初めて展示した「トランスミッション用電動オイルポンプ」は、電動で制御できるトランスミッション用のオイルポンプ。

油圧で制御する従来のトランスミッションポンプはエンジンから動力を得ているため、エンジンの効率低下つまり燃費に影響を与える要因になります。ボッシュの「トランスミッション用電動オイルポンプ」は、トランスミッションポンプの電動化によりエンジン停止時にもオイルの供給を続けることが可能になります。

具体的なメリットの例としては、ハイブリッド車がEVモードで走行中、オイルをトランスミッション系の制御、冷却、潤滑のために供給し続けることが可能になります。普通車でもコースティングモード時にエンジンをより長く停止させ、コースティングの距離を延ばすことができます。

これらにより環境性能や燃費性能の向上に貢献。さらに、クルマに要求される高いレベルの効率・音振特性も備えています。

現在開発中のポンプは12V仕様ですが、48Vへの対応も可能としていて、マイルドハイブリッドシステム搭載車などへの採用も見込んでいるそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ