【新型ホンダN-WGN先行公開】ホンダ軽初の渋滞追従機能付ACCで日産デイズ/eKワゴンとガチンコ勝負

コラム Clicccar

2019年は、ホンダN-WGNのライバルである日産デイズ/デイズハイウェイスター、三菱eKワゴン/eKクロスがフルモデルチェンジ。定番モデルであるスズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーブも加えた軽ハイトワゴン市場は、新型ホンダN-WGNの登場で、さらに熾烈な競争になりそうです。

2019年7月にフルモデルチェンジされる予定の新型N-WGN/N-WGNカスタムのティザーサイトが6月7日に公開されました。

ホンダの軽自動車「Nシリーズ」は、2017年にフルモデルチェンジした現行N-BOXで第2世代に移行していて、Nのある豊かな生活「N for Life」を掲げ、2018年には商用バンでありながら、多彩な趣味にも対応するN-VANをリリース。N-VANはキャンピングカーのベース車としても熱い視線を集めていて、すでに複数のビルダーが簡易キャンパーをリリースするなど、広さとアイディアあふれる使い勝手が支持されています。

今回、ティザーページがオープンした新型N-WGN/N-WGNカスタムは、日常の買い物や通勤などに使う層をターゲットに据え、普段使いにマッチするデザインや安心して運転できる安全装備を用意。

外観は円形状のヘッドライトが特徴で、ハリを感じさせる面により親しみやすさを抱かせる狙いがあったそう。一方のカスタムは、スクエア基調とすることにより、力強さや精悍さが表現されています。

先進安全運転支援システムの「ホンダ・センシング」を標準装備(レス仕様も用意)し、ホンダの軽初となる渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロールを設定。さらに、こちらもホンダの軽で初となるパーキングセンサーシステムも標準装備されています。かつてライフに「スマートパーキングアシストシステム」を設定していた、ホンダらしいこだわりといえるかもしれません。

運転環境の改善も朗報。同社の軽初となるチルト&テレスコピックステアリング機構を標準化することで、体型を問わず最適なドライビングポジションが可能になったとしています。

また、ホンダ得意の低床化技術も新型N-WGNに採用されています。低いラゲッジは、大きな物や重い荷物の出し入れなど積載性が高まるだけでなく、ボードを使うことで上下2段の積み分けも可能になっています。

(塚田勝弘)

【関連サイト】
https://www.honda.co.jp/N-WGN/new/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ