スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?

コラム Clicccar

1年で1番、昼の時間が長い6月。国内では10年ぶりの24時間レースとなる富士24時間レースが昨年復活し、今シーズンも6月1日から2日にかけて開催されました。

そしていよいよこの週末はフランスのル・マンで、WECスーパーシーズンの最終戦となるル・マン24時間レースが開催されています。さらに今年はその翌周にも、世界一の草レースとも言われるニュルブルクリンク24時間レースが開催され、モータースポーツファンにとっては眠れない週末が続きます。

富士やニュルにエントリーしている、いわゆるGT3車両と、ル・マンにエントリーしているLM-GTE車両。どちらもモータースポーツファンならずともご存知のスーパーカー揃いですが、日本人としてはGT-RやRC-F、NSXがル・マンを走っているところを観たいと思ったことのあるファンの方も少なくないはず。

一体このGT3とLM-GTEの違いって、何なのでしょう?

GT3は2000年台後半にFIA GT選手権で存在したGT1、GT2の下位カテゴリとして設立されたクラスで、オーガナイザーであったSROによって運用されています。設立当初はアマチュアドライバー(現在で言うジェントルマンドライバー)を主なターゲットとして開発、販売されていました。

対してLM-GTEは2011年、その2年前に終了したFIA GT選手権でGT2とされていたカテゴリを耐久レース用規定に発展させ、ル・マン24時間レースのオーガナイザーであるACOによって運用されています。

この両者の大きな違いは、GT3がSROによってBoP(Balance of Performance)いわゆる性能調整をする事で車両性能の均一化を図るため、車両規格に厳密なレギュレーションが定められていないのに対し、LM-GTEは車両寸法などが厳密に定められているところにあります。

簡単に言うと、GT3は各メーカーが自由度を持って車両を開発できますが、LM-GTEはACOの定めた規格に合わせて車両を作り込まないとならないという事です。

両者の外観上の1番の相違点としては、LM-GTE車両にある、後ろに大きく張り出したディフューザーが挙げられます。

LM-GTE車両のポルシェ911RSRは、このディフューザー装着のために、ポルシェのアイデンティティの一つであるRR(リヤエンジン・リヤドライブ)からエンジンを前方に移設。ミッドシップにすることで、LM-GTEの規格に合わせています。

具体的な車両の違いをざっくりお話しましたが、そもそも運用されているオーガナイザーが違うため、それぞれエントリーできるレースも異なります。

元々、アマチュアドライバー向けのカスタマーカーとして設立された経緯のあるGT3は、いまやSROが主催するブランパンGTシリーズをはじめ、世界各国の大小様々なレースで活躍しています。その中にはもちろん、日本のスーパーGTやスーパー耐久も含まれています。

対してACOの管轄であるLM-GTEは現状、ACOが関わっているル・マン24時間とWEC、そしてELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)とIMSA(International Motor Sports Association)が管轄しているデイトナ24時間とセブリング12時間にしかエントリーすることができないのも大きな違いです。

GT1およびGT2規定が事実上無くなった2011年以降、プロドライバーやワークス系チームが大量流入してきたGT3カテゴリですが、設立された背景もあり、現状では世界選手権にはエントリーできず、マカオグランプリで2015年から開催されているFIA GTワールドカップがGT3カテゴリの最高峰レースとなっています。

なかなか日本では見る機会のないLM-GTE車両ですが、毎年10月に富士で開催されているWEC(FIA 世界耐久選手権 、FIA World Endurance Championship)でのみ、その走りを国内で見ることができます。

ちなみに、北米IMSAで開催されるデイトナ24時間とセブリング12時間には、LM-GTE規格のGTLMクラスと、GT3規格のGTDクラスが設定されていて、世界で唯一この2つの車両規格が混走しています。レクサスRC-F GT3やアキュラNSX GT3はこのGTDクラスに参戦しています。

ここまで大まかにGT3とLM-GTEの違いを列挙してみましたが、ポルシェやフェラーリ、アストンマーティンなどは、なぜ莫大な開発費を掛けてまで両方の規格に対応した車両をそれぞれ制作するのでしょう?

2012年、LM-GTEを運用しているACOも、この両規格を統合して新しいGTカテゴリを設立しようと試みました。ところが、この計画はGT3を運用するSROの猛反発もあり、2014年に断念されています。

理由は端的に言うと、異なる多くのカスタマーのニーズに合わせた多様なGTカテゴリの存在は必要不可欠だということのようです。

低コスト・低価格で開発・販売できるGT3は、多くのメーカーにとってもカスタマーにとっても手を出しやすく、モータースポーツの裾野を広げることに大きく貢献しています。

かたや伝統的なレースであるル・マン24時間は、そもそもエントリーすることが非常に狭き門であり、それ故ドライバーやメーカーにとって出場できる事が世界でも最高の栄誉の一つであることは間違いありません。

このように、この似て非なる2つのカテゴリには、それぞれに違う存在意義があり、こうした出自や存在の意味を考えながらル・マンやニュルを見るとまた、いつもと違ったモータースポーツの楽しみが見つかるのではないでしょうか?

(H@ty)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ