令和元年「フェアレディZ」生誕50周年記念、レーシングZ31・OPT号はこんなでした〜!【OPTION 1985年10月号よりその3】

コラム Clicccar

web option」では決して味わえない、The昭和なOPTION誌バックナンバーを紹介している「Play Back The OPTION」。

ココでは「OPT・300ZX耐久レース参戦記」第2戦記事を続々紹介、いよいよ我がOPT300ZXの登場です。元祖GRスープラ!なトラスト・セリカ、超カッコいいRE雨宮・サバンナRX-7を追いかけ奮闘していたZです。

・・・・・・・・・・・

ハコの市販モデルを限界までチューニングするのはオレたちのひとつの夢だ。そしてスピード無制限のサーキットで戦う。スポーティカー三強、フェアレディ、セリカ、サバンナ。そのメカニズムはノーマルとどこが進化しているのか……見てちょうだい。

ボディは前回と変わらずストリート発展型のOPT300ZXだけど、唯一違う点はフェンダートリムの装着。メインスポンサーのゲインズがこのボディ用に特別製作したもの。もちろんこれ一品のみで非売品だけど、ノーマルZX用なら入手可。

ファイティング精神あふれるOPT・Zの売り物は、不気味なポテンシャルを秘めたV6ターボパワーだ。今回は東名自動車製の3.4L版。クランクシャフト、コンロッド、ピストンと強化されているから頼もしい。

HKSのターボチューンは従来どおりの三菱TD08と同じだが、3.4Lのトルクアップ分だけ走りやすくなっている。ただし、ノーマルブロックが心配なので、相変わらずレブリミットを6000rpmに抑え、300psしか使えない。これでレース用の直結5速のままだとスピードが伸びない。

そこで今回はなんと、ノーマルミッションを採用したのだ。そのためファイナルギヤは3.1から3.5に下げて、あまりハイギヤード化するのを防いでいる。

この他、サスペンションをさらに固め、レーシングタイヤを使ったのが速くなった秘密だが、もっともっと速くなるぞ。

「今のZXはレースに向かない」といわれていたのは足まわりにある。FストラットとRセミトレ方式は130Zと同じだが、Z31のほうが難しい。問題はやはり、リヤ。いくら固めてもセミトレ特有の動きが発生し、リバース時の挙動変化が大きい。やはりリンクの位置自体を変更するなどの対策が必要なのだ。

タイヤの果たす役割はレースでは抜群だ。前回でラジアル挑戦という目的を成し遂げたので、今回からレーシングタイヤに履き替えたのだが、「コーナーがグンと走りやすくなった」ばかりか、「パワーもかけられる」という効果が歴然と出た。

1分52秒から42秒への短縮にはタイヤの影響が大きい。

採用したのはヨコハマのグループA用16インチ。サイズは245/600-16だからトレッド幅自体は前回のA008ラジアルと同じくらいだが、東名製ホイールは9Jから10Jへ大きくしている。

しかし、レーシングタイヤというのはタイムアップの反面、セッティングが狂うと大変な問題になることも分かった。予定では500マイルくらいもつはずだったが、なんと30周ももたなかったのだ。これはレース当日が異常に暑く、路面温度が50度以上になったためという。タイヤのバーストが多発して、レースにならなかったのが残念だ。

しかし、タイヤのおかげで速くなるのだから裏目に出ても仕方ない。次回はピタッと当たるタイヤが出来るはずだし、この足まわりのトータルチューンに注目!

・・・・・・・・・・・

え〜っと…次回で紹介しますが…戦績は…アレ〜! その4までお待ちを!!

[OPTION 1985年10月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ