ゴルフバッグを縦に積める! 長距離旅行も視野に入れたスーパースポーツ『マクラーレンGT』

コラム Clicccar

長距離旅行も視野に入れたスーパースポーツ『マクラーレンGT』の発表会が東京・原宿にて開催されました。このクルマは620psを発生する4リットルV8ツインターボエンジンをミッドシップ搭載し、後輪を駆動するモデルです。

発表に先立ってマクラーレン オートモーティブ(以下、マクラーレン)アジア 日本支社 代表の正本嘉宏さんからはジャパンマーケットの現況説明がありました。

それによるとマクラーレンの全世界販売台数ランキングでは、1位がアメリカ、2位がイギリスですが、堂々3位に日本がつけているとのこと。また2019年度の日本市場での売上台数は対前年比で60%以上も向上しているそう。

我が国におけるマクラーレンは、ただいま躍進の真っ最中にあるということです。

続いて登場したマクラーレンのチーフデザイナー、ゴラン・オズボルトさんからはデザインやパッケージについての解説を聞くことができました。

「空力をはじめとしたスポーツ性能を重要視することはもちろんですが、このモデルでは日常や長距離旅行での利便性を向上させるアイデアを随所に盛り込みました。フロントには150Lの容量を持つ収納スペースがあります。さらにリヤには420Lの収納スペースを設けているのです」

ステージ上では実際にリヤゲートを開けて中からゴルフバッグを取り出し、フロントのラゲッジからは旅行用の中型サイズのスーツケースを取り出すという演出がなされました。

また、普段使いがしやすいように最低地上高を110mmと、こういったカテゴリーのクルマにおいては高めに確保しています。さらに段差の乗り越え時等には20mm車高を上げるシステムを組み込んでもいるのです。

マクラーレンGTは、は上り調子にある日本の販売成績をさらに大きくアップさせる予感しかない、スーパーバリューモデルでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ