ニュルブルクリンク24時間レースに挑むSTI。2.0L以下でのクラス優勝を目指す

コラム Clicccar

今年もSTIがニュルブルクリンク24時間レースに参戦します。

SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2019年6月20日から23日にかけてドイツ・ニュルブルクリンクサーキットで開催される「第47回ニュルブルクリンク24時間レース」にWRX STIをベースとする車両で参戦すると発表しました。

STIのチャレンジは、2008年以来、今回で12年目になります。「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2019」は今年も2.0L以下のターボエンジン搭載車クラスである「SP3T」に参戦し、同クラスで6度目の優勝を目指しています。

全長25km・高低差300mと起伏が激しく、天候も刻々と変化する世界一過酷といわれるコース。STIは水平対向エンジンとシンメトリカルAWDの基本レイアウトを活かしつつ、昨年から戦闘力向上を果たしています。

以前お伝えしたように、「SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE」の2019主な改良点は、フリクション軽減によるエンジン性能の向上をはじめ、ローギヤ化とステップ比の見直し、軽量クラッチの採用によるパワートレイン性能向上、ジオメトリの最適化よる旋回性能のアップ、エアロパーツのアップデート、印象的な鮫肌塗装の採用による空力向上などとなっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ