【SUPER GT2019】ホンダModulo勢のタイラウンド。34号車NSX GT3は大どんでん返しのポイントゲット! 64号車もGT500ホンダ勢トップ!

コラム Clicccar

6月29・30日にタイ、チャン・インターナショナル・サーキットで開催された「2019 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE」。

SUPER GTでは唯一の海外戦となるタイ。30日に行われた決勝ではModulo勢はどのようなレースを繰り広げたのでしょうか。

GT300クラスの34号車 Modulo KENWOOD NSX GT3は予選11番手からのスタート。

スタートドライバーは道上龍選手。

予選ではABSの挙動に違和感を覚えながらもQ1を突破し、Q2へ進出を果たしました。それが決勝レースでどう影響が出るのか、気になるところです。

現地時間15時(日本時間で17時)に切られたスタート。 Modulo KENWOOD NSX GT3はポジションを大きく変えることなくオープニングラップを走ります。途中前を走るGT300のライバルがコースアウトし Modulo KENWOOD NSX GT3の直前でコース復帰しますが、 Modulo KENWOOD NSX GT3の道上選手は動じることなくペースを維持していきます。

レース中盤に差し掛かる頃もModulo KENWOOD NSX GT3の順位に大きな変動のないままレースが進んでいきます。

そしてGT500クラスでの30周目にピットイン。大津弘樹選手へと交代してコースへ復帰します。

ドライバー交代の後、しばらくするとGT500クラスでアクシデントが起こりセーフティーカー導入。そのセーフティーカーが解除となると徐々にペースが上がってきたModulo KENWOOD NSX GT3。ストレートでのスピードを活かしつつもコーナーでは今ひとつ入りきっていない印象。

最終的に予選順位と同じ11位でチェッカーをくぐることとなりました。

レース後のインタビューで道上選手は「サーキットサファリとウォームアップ走行でアンダーステア傾向になっていたのでグリッド上でも調整をしてきたのですが、決勝がスタートしてもアンダーステア傾向がまだ改善しない状態でのレースを余儀なくされました。またブレーキがフェード(オーバーヒート)してしまい全く利かない状態で攻めきれなかった」と語ります。

ブレーキについては「選択したパッドの問題があったというよりも冷却の方に原因があると考えられるのですが、GT3の規定でダクトを増やしたりができないのでそれに合わせた対処をしないといけません」とも語ります。

次戦の富士500mileはもっと暑くなりますが?という質問には「800kmという距離なので全く違う耐久性重視のモノを使います。今回は300kmに合わせたパッドだったのですが、団子状態の走行で熱を持った上に摩耗も激しかったようです」と語っています。

SCの後にペースが上がってきた要因について大津選手は「路面の状態とタイヤの摩耗のバランスがいいところで取れていたからだと思います。」と語ります。しかし「ペースは上がってもブレーキの利きは改善されていないのでライバルとの接戦で結局競り負けてしまいました。もっと高いところでバランスが取れていればポイントが取れるところまで上がれたと思います」とも語ります。

しかしブレーキの問題やアンダーステアの問題を抱えながらも諦めずに完走したことは大きな福音をもたらしました。なんと正式結果では終盤で競り合いをしていたライバルがペナルティにより35秒のタイム加算となり順位を落としてしまったのです。

これによりModulo KENWOOD NSX GT3は10位となりポイント獲得となりました。速さだけではなく、クリーンなレースによりペナルティを受けないということも重要な要素なのだということがよく分かるレースとなったのです。

セットが決まらず予選を14番手からスタートすることとなったGT500クラスの64号車 Modulo Epson NSX-GT。

スタートドライバーは牧野 任祐選手。

オープニングラップで15位に落ちるも、GT300クラスの集団を追い抜く際にGT300マシンをうまく避けての走行で順位を戻すことに成功します。

その後もライバルとの間で順位争いが激化し、またも15位に落ちることとなります。

66周のレースとしてはかなり早い段階の28周目でピットイン。このピットインについて中島悟総監督は「マシンの振動が強くなってきたのでタイヤ交換をしたいという牧野の無線でピットインを決めた」と語っています。

そしてナレイン・カーティケヤン選手に交代しコースに復帰。この段階で15位は変わらずではあるのですが、このまま最後までタイヤが持てばライバルのピットインのたびに順位が上がっていくことは十分に考えられます。

しかし37周目に思いもよらぬ出来事が起こってしまいます。なんとホンダ勢5台のうち3台が絡むクラッシュが発生。これでセーフティーカーが導入されることとなります。

中島総監督はこの時のSC導入について「もし予定通りのピットインを行っていたらSCに完全にかぶっていたのでタイヤ交換のタイミングがかなり遅れてしまうことになっていた。牧野のわがままを聞いて(笑)早めにピット・インしたことが功を奏した」と語っています。

なんとホンダ勢はリタイアやトラブル修復、タイヤ無交換の失敗など、Modulo Epson NSX-GTを除いてほとんど全滅。ホンダ勢で唯一のトップと同一周回数での10位フィニッシュとなりました。これにより1ポイント獲得となります。

次戦の富士500mileレースは如何に戦っていくのでしょうか。要注目です。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ