710馬力にパワーアップされたランボルギーニ・ウルスのチューニングカーをABTが発表

コラム Clicccar

アウディのチューニングで有名な独「ABT Sportline」(アプト スポーツライン)は、ランボルギーニのクロスオーバーSSV「ウルス」のチューニングカーを初公開しました

パワートレインを中心にカスタムした新作は、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力は+60psとなる710ps、最大トルクは910Nmを発揮、0-100km/h加速は3.4秒のパフォーマンスを誇ります。

これは4.0リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力375psを発揮するランボルギーニのアイコン「カウンタックLP400S」と比較すると、実に倍近い数値です。ウルスがSUVであることを考えると、自動車産業の進歩を実感できます。

エクステリアは実にシンプルです。フロントエンド、リアエンドともに目立ったエアロパーツは装着されておらず、ベースモデルのもつアグレッシブなデザインを尊重したものとなっています。

これまでABTは、アウディやVWのチューニングを中心にしてきましたが、このランボルギーニのカスタムにより、VW傘下のほぼ全てのモデルを強化する準備が整っていると言え、今後の新たなモデルが楽しみになってきました。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ