ピックアップトラックにも「NISMO」が設定!? ハイパワーモデルで販売強化を狙う日産

コラム Clicccar

日産は、ハイパフォーマンスモデルとして展開するブランド「NISMO」を、ピックアップトラックへ設定する可能性が高いことがわかりました。

オーストラリア日産のスティーブ・レスター氏は、フォード「レンジャー ラプター」と競うことができる「ナバラ ピックアップ」の強力なバージョンが必要と語っており、NISMO仕様の設定を示唆しているようです。

NISMOの設定が予想されるナバラは現在2.5リットル直列4気筒エンジンを搭載していますが、NISMOバージョンは4気筒モデルにとどまらず、米市場で展開するピックアップトラック「フロンティア」が搭載するV6モデルにも設定することを視野に入れているようです。

北米においてフロンティアは、最新の「D23系」(2015年登場)が投入されておらず、2005年に発売された2代目「D40系」が継続して販売されています。そのため2019年6月まで直近の1年間では、39,322台の販売台数を記録、前年同期比で5.7%減少となっています。切迫した状況ではありませんが、NISMOの設定により販売強化へ繋げたいと思われます。

ワールドプレミアの時期などは未定ですが、2020年後半あたりが目安になりそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ