【ホンダ2020春夏ライティングギア】機能性に富んだウェアや、人気バイクをイメージしたヘルメットに注目

コラム Clicccar

東京都墨田区国際ファッションセンターにてホンダモーターサイクルジャパン主催のバイク用品/ウェアお披露目イベント「Hondaライディングギア 2020春夏モデル商品説明会」が行われました。多数の商品がお披露目されましたので、ここではいくつかをご紹介します。

Hondaライディングギア 2020春夏モデル商品説明会

『Hondaレディースメッシュジャケット』(税抜き1万9500円)は伝統的なスポーツ系ジャケットのフォルムですが、女性の体型にフィットする形状となっていることが特徴で、通気性を重視した仕様になっています。

Hondaレディースメッシュジャケット

『Honda×RSタイチ ドライマスターフィールドパーカー』(税抜き3万2800円〜3万3800円)は、プロテクター付き内装が着脱可能となっています。内装を外してしまえばタウンウェアとして使えるというわけ。しかもフード付きで防水ですから便利です。

Honda×RSタイチ ドライマスターフィールドパーカー

『モンキー ヘルメット』は販売好調なモンキー125の世界観をヘルメットで再現したもの。

モンキー ヘルメット

2019年10月受注開始予定で、実際の販売開始は2020年11月を予定しています。オリンピック後ですね。カラーリングはイエロー系、アイボリー系、シルバー系の3種類です。

イエロー系

『アライ RX-7X<’92NSR250R>』は、ここ数年で人気が極端に上昇しているNSR250Rをイメージしたヘルメット。

アライ RX-7X<’92NSR250R>

1992年仕様のカラーリングを忠実に再現したもので、専用収納袋と専用外箱が同梱される予定です。2019年8月末受注開始予定で、販売開始は2020年の1月頃を予定しています。

アライ RX-7X<’92NSR250R>

(写真・動画・文/ウナ丼)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ