【MotoGP日本グランプリ・プレ情報】1,000台のバイクが参加する日本最大級の公道パレードランの人気が上昇中。参加費は実質無料で記念品付き!

コラム Clicccar

オートバイの世界選手権ロードレースであるMotoGPの第16戦となる日本ラウンドが2019年10月18日(金)-20日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで開催されます。

この日本グランプリの予選日となる19日(土)に、一般公道である国道123号線と、レースの舞台となるツインリンクもてぎのロードコースを使ったパレードランが開催されます。毎年行われているこのパレードランは、参加台数が1,000台と日本最大級のもの。サーキットだけでなく、一般公道である国道123号線も警察の先導によって堂々と行われます。

今年で第8回となるこのパレードですが、昨年はMotoGPに参戦している日本の3メーカーであるホンダ、ヤマハ、スズキの社長もパレードに参加するなど、日本の自動車産業界からも大注目となったイベントです。また、2012年の第1回パレード以来パレードに参加している、週刊バイクTVでもおなじみ末飛登さん、シンガーソングライダーの左嵜啓史氏さんが今年も参加します。

参加できるのはバイク、サイドカー、トライクで、募集台数は1,000台となっています。タンデムでの参加も可能です。

参加料金は2,000円なのですが、下記のいずれか1つの条件を満たせば、参加費が無料になります。
・グランプリロードR123メンバーズ会員証をお持ちの方
・ゴールド免許証所持者
・MotoGP観戦券をお持ちの方
・TRMC-S会員の方

そして、グランプリロードR123メンバーズは無料で当日入会することもできます。つまり、実質無料で参加可能というわけです。参加者には記念品も用意されているという大特典付き。


(予選終了後の本コースも走行できます)

現在、参加者を募集中なのですが、1,000台に達し次第締め切りとなるので、ぜひ走ってみたい、と思っている方は早めに申し込まれた方がいいでしょう。

MotoGP観戦は条件となっていませんが、せっかくツインリンクもてぎまで行くのですから、MotoGPをスルーっていうのはちょっともったいない話。19日(予選日)はパレードに参加して、20日(決勝日)はMotoGPをじっくり観戦すれば、かなりの満足度のはずですよ。

(諸星陽一)

【関連リンク】

ツインリンクもてぎ・MotoGP日本チケットグランプリ「グランプリロードR123パレード」
https://www.twinring.jp/motogp/event/event.html#parade

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ