トヨタ・プリウスPHVにブリヂストンが「ECOPIA EP150」「TURANZA T002」を納入

コラム Clicccar

2019年5月に一部改良を受けたトヨタ・プリウスPHV。ブリヂストンは、新車装着用タイヤとして「ECOPIA EP150」、「TURANZA T002」を納入したと発表しました。

プリウスPHVの一部改良では、乗車定員が従来の4名から5名に変更されたのがトピックス。ほかにも、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み「V2H(ブイツーエイチ)」も用意。さらに、安全・安心装備を強化されています。

ブリヂストンの「ECOPIA(エコピア)」は、ウェット性能や操縦安定性能などタイヤに求められる性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランド。今回、OEタイヤに選定された「ECOPIA EP150」は、転がり抵抗の低減を図りつつ、ウェットグリップ性能を確保したパターンが採用されています。

「TURANZA(トランザ)」は、ロングドライブでの快適性と高速運動性能を高次元でバランスさせたタイヤブランド。今回、新車装着される「TURANZA T002」は、新トレッドゴムが採用されていて転がり抵抗の低減を図るだけでなく、操縦安定性能と静粛性・乗り心地を高次元で両立させたとしています。

ブリヂストンでは、「ECOPIA EP150」、「TURANZA T002」の採用により、プリウスPHVの特徴である環境性能をはじめ、力強くスムーズな走りの実現に貢献するとしています。

プリウスPHVに装着されるパターンは「ECOPIA EP150」で、サイズは195/65R15 91S。「TURANZA T002」のサイズは、215/45R17 87Wです。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

最大のネックを解消! トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更
https://clicccar.com/2019/05/10/808470/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ