「スイッチとか、細かいところまで凝っているね」質感が高く、独特の雰囲気のプジョー・3008【注目モデルとドライブデート!? Vol.11】

コラム Clicccar

プジョー3008の着座感はちょっと普通じゃない。センターコンソールが高く幅広く鎮座し、そこへつながるインパネ中央部も運転席と助手席を遮るような形状なので閉塞感が強いからだ。

しかし対照的に、着座位置が高いこともあって上半身に閉塞感はなく、視界の広さもあってむしろ開放的だ。

下半身は包まれるのに、上半身は開けている。そんな不思議な感覚を味わえる3008は、高い場所に座るのが好きな彼女も居心地がいいと感じている様子だ。

「スイッチとか、細かいところまで凝っているね。」

3008はインパネの造形も個性的だけど、小さなスイッチひとつひとつまできちんとデザインされているのは驚くべきこと。インパネ中央に並ぶピアノタッチスタイルのスイッチなど、その凝った形状、仕上げの美しさは目を見張るものがある。そこに気づいてもらえると、ちょっと嬉しい。

インパネは、飛行機の操縦席を感じさせるコックピット感覚。ドライバー囲む意匠で、そこにスイッチが整然とレイアウトされている。そしてなにより特徴的なのは、小さなステアリングと高い位置に置いたメーターで構成する「i-cockpit」だ。

これはステアリングホイールに遮られることなくメーターを確認できるように考えられたアイデア。驚くほど小径のステアリングの操作性は独特でちょっと慣れが必要だけど、慣れてしまえばどうってことはない。メーターは12.3インチのフル液晶ディスプレイだ。

フロントシートは、パッと見たところスポーティで窮屈そうに見える。しかし実際に座ってみると左右幅が広いのでタイトさはなく、リラックスできる。峠道などで激しく曲がって身体が左右にずれそうになった時だけ、シートサイド部の張り出しがしっかり支えてくれる形状だ。

それにしても、スポーティな形状のコックピットかつ下半身の包まれる感覚が強いながら、着座姿勢がアップライトで見晴らしがいいという感覚は独特だ。

「このクルマの助手席なら、安心して眠れそう」

彼女が何気なく発したそんな言葉は、もしかしたら最高の誉め言葉なのかもしれない。何より落ち着けるということだから。

本当はリヤシートも広くてファミリーユーザーにもオススメできるんだけど、2人のドライブデートには関係ないから今は触れなくてもいいか。(つづく)

(文:工藤貴宏/モデル:鈴菜/ヘア&メイク:東なつみ/写真:ダン・アオキ)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ