証拠はテールゲートの擬装!? ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ、初の改良型プロトタイプをキャッチ

コラム Clicccar

ポルシェのワゴンモデル「パナメーラ スポーツツーリスモ」の改良型プロトタイプをオーストリアの市街地で目撃しました。

スポーツ ツーリスモは2代目「パナメーラ」をベースにしたポルシェ初のシューティングブレークで、2017年に初代が誕生したばかりです。長いルーフラインから続く傾斜したリアウィンドウは、優雅なクーペのようなシルエットを醸し出しています。

目撃したプロトタイプは、一見フルヌードのように見えるため現行モデルと錯覚しますが、この車両が試作車であることは、テールゲートに装備されている擬装が証明しています。おそらく、クロスオーバーSUV「カイエン」に似たレイアウトを持つ、再設計されたLEDストリップライトになると思われます。

フロントエンドでは、ヘッドライト、エアインテークを含むバンパーの修正も間違いないでしょう。またコックピットの撮影にも成功しましたが、ステアリングホイールにカバーがされていることから、新デザインになる可能性も高いとみられます。

パナメーラ ツーリスモのトップモデルには、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせた「パナメーラターボS・Eハイブリッド スポーツツーリスモ」が設定されており、システム合計の最高出力は680psを発揮します。改良型でも引き続きラインアップされますが、現在のゼロエミッション最大走行距離49kmが向上する可能性もあるようです。

改良型のワールドプレミアは最速で2020年3月のジュネーブモーターショー、あるいは秋のパリモーターショーが予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ