アウディ A5スポーツバック改良型、マイルドハイブリッド技術を上位モデルから流用へ

コラム Clicccar

アウディの主力モデル「A4」ファミリーの改良モデル開発が終盤にさしかかる中、兄貴分「A5 スポーツバック」の改良型プロトタイプをカメラが鮮明に捉えました。現行型のA5スポーツバックは、2017年に登場しており、これが初のフェイスリフトとなります。

捉えたプロトタイプからは、「A4」改良型と同様のグラフィックを持つヘッドライト、ACCアダプティブクルーズコントロールおよびアクティブセーフティシステム用のスキャナー、再設計されたメッシュのラジエーターグリル、フロントスポイラーなど刷新されたフロントエンドを見ることができます。

リアエンドはカモフラージュで覆われていますが、テールライトのグラフィックをはじめバンパーが再設計されるほか、エキゾーストパイプがスクエア基調の左右二本出しへ変更されていることがわかります。

パワートレインも一新されそうです。A4にも採用されている2.0リットル「EA288 Evo」TDIエンジ、最高出力286psを発揮する3.0リツトルTDIエンジンや、上位モデル「A6」「A7」「A8」から48Vマイルドハイブリット技術の流用も予想され、最大5%の燃費を節約可能にします。

ワールドプレミアは年内の可能性もありますが、おそらく3月のジュネーブモーターショーがお披露目の場となりそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ