これが最終デザインだ! ルノー メガーヌの改良型はエンブレムが巨大化

コラム Clicccar

ルノーのコンパクト・ハッチバック「メガーヌ」の改良型を、これまででもっともカモフラージュが薄い状態でカメラが捉えました。

メガーヌは1995年に初代が発売されて以降、20年以上に渡りルノーの屋台骨を支え、欧州で最も人気のあるモデルの一つに成長しています。現行モデル「メガーヌIV」は2016年から発売されており、初のフェイスリフトとなります。

捉えた開発車両は、ヘッドライトのアウトラインが初めて露出、その中には市販型ユニットの一部が見えています。ヘッドライトの下にはLEDデイタイムランニングライトの一部が見てとれることから、C型のデザインが継承されるはずです。

またグリルのエンブレムの偽装が下部まで伸びており、巨大化される可能性もあるほか、エアインテークやバンパーが再設計されると思われます。リアエンドでは、バンパーとテールライトが刷新されます。

パワートレインは、1.2リットル直列4気筒、及び1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンのほか、日産製1.6リットルがガソリンエンジンとルノーグループが開発した「E-Tech」技術を融合したシステムのプラグインハイブリッドなどがラインアップされると予想されます。PHVは7速DCTと組み合わされ、EVでの航続距離は30マイル(48km)とされています。

改良型のワールドプレミアは最速で9月のフランクフルトモーターショーで、年内に発売される可能性が高いようです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ