雨の日のフロントガラスの油膜が見にくい。その対策方法とは?【誰でもできるカーメンテ】

コラム Clicccar

運転中の視界が悪くなる雨の日の運転は、様々な危険が伴います。特にワイパーをかけてもフロントガラスがギラギラと乱反射して前方が見にくいという経験をされている方は多いのではないでしょうか。

今回は、雨の日でもスッキリとした視界を確保し、安全安心にドライブを楽しめる、フロントガラスのメンテナンスについてご紹介していきます。

晴れている時には視界が良く、良好な運転環境なのに、ひとたび雨が降ると、フロントガラスが見えにくくなるというのは、多くのドライバーが抱える悩みの一つではないでしょうか。

雨の日にフロントガラスを通した視界不良が発生するのは、フロントガラスに溜まった油膜が大きな原因です。フロントガラスの透明度が下がりモヤモヤした感じになったり、雨の夜には対向車のヘッドライトでギラつきが起きたりと、油膜が原因の視界不良は、セーフティドライブの妨げとなってしまうでしょう。

常に走行風を受け続けているフロントガラスには、油膜が折り重なって溜まっていきます。

フロントガラスへの油膜の付着は、ボディワックスや劣化したコーティング剤なども原因の一つですが、最も大きな原因はクルマの排気ガスに含まれている油分と言われています。

油膜の積み重なったフロントガラスに水滴がつくと、水の表面張力が失われ、フロントガラスの上で水の膜が広がってしまいます。均等に水が広がればいいのですが、油膜によって均一に広がらなかった水の膜が、光を乱反射し、モヤがかったり、ギラつきを発生させるのです。

フロントガラスに付着した油膜は、蓄積されて層になり重なっていきます。積み重なった油膜は、ウィンドウウォッシャー液やカーシャンプーでは完全に除去しきれないので、専用のコンパウンド入り油膜除去剤を使用します。

細かな塵や汚れを水洗いで落とした後に、フロントガラスに付着した水分を拭き取り、乾かしたら準備は完了です。

油膜除去剤をガラスの角から5四方ずつ塗り広げていきます。はじめは薬剤が弾かれてしまいますが、塗り込んでいくと弾かれていた薬剤がフロントガラスに滲んでいくようになります。全体的に薬剤の弾きが無くなれば、油膜除去は完了です。最後に油膜除去剤を水でしっかりと流して、綺麗なタオルで拭きあげれば作業完了です。

油膜除去剤は、ボディの塗装面に長時間付着すると、塗装を傷める原因になることがあるので、フロントガラスに接するボディ部分に、マスキングテープを貼って作業をすると安心です。

せっかく油膜取りを行ったら、フロントガラスのコーティングも同時に行うと、雨天時の良好な視界をさらに確保することができるでしょう。

油膜取りを終えて乾いたフロントガラスに、市販の撥水コート剤を塗布していきます。油膜取りと同じ要領で塗り込んでいくタイプや、スプレー式の吹きかけるタイプなど、様々なタイプのフロントガラスコーティング剤が販売されています。耐久期間も様々なので、自分のカーライフに合ったコート剤を選んで施工していきます。

フロントガラスコートを行った後には、雨が水玉になってくれます。

施工後には、フロントガラスに落ちた雨粒は球体の水の粒になり、ワイパーでの拭き取り具合も良好になりますし、走行風で雨が飛んでいくようにもなります。

また冬場の朝に、積雪によってフロントガラスが凍り付き、出発までの時間を取られてしまうような時にも撥水加工を行ったフロントガラスでは凍り付きが少なくなり、比較的簡単に霜を落とすこともできるようになるので、フロントガラスコーティングはおすすめのメンテナンスです

雨の日の視界不良の原因の油膜は、カーライフを送る中では避けられない敵になります。定期的な油膜取りとコーティングで、雨の日から雪の日まで、スッキリとした視界で安全なドライビングをしていきましょう。

(文:写真 佐々木 亘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ