ジープ・チェロキーが一部改良を実施。快適性と実用性を向上【新車】

コラム Clicccar

ジープのミッドサイズSUV「Cherokee(ジープ・チェロキー)」が一部改良を受けました。チェロキーは、卓越したオフロード性能と実用性の高さにより、長年に渡ってジープの歴史を支えてきた中核モデル。

2020年2月20日に一部改良を受けたジープ・チェロキー

4代目となる現行型は、2018年10月のマイナーチェンジでは、新世代デザインが採用されると共に、装備の充実化が図られています。

今回の一部改良では、快適性や機能性が高められるなど、さらに熟成が進んでいます。グレード構成は従来どおりで、ベースグレードの「Longitude(ロンジチュード)」、悪路走破性に優れた「Trailhawk(トレイルホーク)」、快適装備が充実した「Limited(リミテッド)」の3モデル展開。

「ロンジチュード」と「トレイルホーク」は、シート表皮がファブリックからレザーへとアップグレードされた

「ロンジチュード」と「トレイルホーク」は、シート表皮がファブリックからレザーへとアップグレードされたほか、フロントシートヒーターが追加され、快適性が向上。また、リヤシートのスライド機構やセキュリティアラーム(盗難発生警報装置)が新たに装備され、実用性とセキュリティ性が高まっています。さらに、「ロンジチュード」には、リヤディープティンテッドガラス(後部プライバシーガラス)が新たに装備され、商品力が引き上げられています。

ジープ・チェロキーのフロントビュー

価格は、2.4L+9AT/4WDの「ロンジチュード」が4,490,000円。2.0L+9AT/4WDの「リミテッド」が4,960,000円、同じく2.0L+9AT/4WDの「トレイルホーク」が4,990,000円。なお、メタリック塗装は55,000円高になります。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ