【自動車用語辞典:維持費「クルマの保険」】加入が義務の自賠責保険、多様な補償の任意保険に大別できる

コラム Clicccar

交通事故によって相手を死傷させる、あるいは相手のクルマを破損した場合、多額の賠償金を請求される場合があります。このような事故に備えて加入するのが自動車保険で、強制的に加入する「自賠責保険」と「任意保険」の2つに大別されます。

2つのそれぞれの自動車保険について、解説していきます。

どんなに安全運転を心がけても交通事故は発生し、被害者のみならず加害者になることも避けられません。相手を死傷させる、あるいは物を壊した場合、多額の賠償金や補償金が請求されます。

そのため被害者保護の観点からクルマを購入する際には、強制的に自賠責(自動車傷害賠償責任)保険に加入することが法律で定められています。加入しないと、車検は通らず公道は走行できません。

自賠責の保険金の上限は、相手が死亡した場合1名あたり3000万円、後遺障害で4000万円、ケガによる損傷で120万円です。

相手を死亡させる、あるいは後遺障害を与えた場合、賠償金は数千万円〜数億円になる場合も珍しくありません。

自賠責の金額だけでは補償はまかなえないので、不足分は自己負担です。また自賠責保険は人身事故だけが対象なので、事故対象がクルマや物損の場合は補償できません。

このような対人、対物の補償の不足分を補うのが、任意保険です。

自賠責保険料

任意保険は、強制の自賠責保険とは別に契約します。単に自動車保険といった場合は、任意保険を指し、ほとんどのドライバーは自賠責保険とともに加入しています。

任意保険は、以下の5種類の保険がセットになった保険が一般的です。対人補償保険と対物補償保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険、無保険車障害保険です。

もうひとつ自車の損害を補償する車両保険がありますが、これは保険料が高額になるため、すべての人がセット保険に組み入れるわけではありません。

以下にそれぞれの保険内容について、解説します。

・対人賠償保険

対人賠償について、自賠責保険の不足分を補う保険です。

相手が死亡、後遺障害がある場合の賠償はもちろんのこと、治療費や休業損害なども補償されます。保険金額は、無制限にするのが一般的です。

・対物賠償保険

相手のクルマや物を壊した際の損害を補償します。

相手のクルマや積み荷の他、破壊した建物やガードレールなども補償されます。保険金額は3000万〜5000万円が一般的ですが、店舗などを壊すと高額になる場合もあるので無制限にしておけば安心です。

・自損事故保険

ドライバー自身の過失による自損事故に備える保険で、対人賠償保険に自動的に組み入れられます。補償の対象はドライバーのみで、死亡時1500万円、後遺障害50万〜1500万円のほかに治療費をカバーする医療保険金もあります。

・搭乗者傷害保険

ドライバーを含め搭乗者すべての死傷に備える保険です。家族も対象で、責任が自分自身にあっても補償されます。死亡や後遺障害に対する補償と医療保険金が支払われます。保険金額は500万〜2000万円程度が一般的です。

・無保険車傷害保険

事故を受け、加害者が保険に加入していない、あるいは保険金額が十分でない場合に備える保険です。対人賠償保険に自動的に組み込まれ、保険金額は2億円以内で対人賠償保険と同額です。

・車両保険

自車の損害を補償する保険です。事故相手による補償の不足分をカバーできます。補償範囲の違いによっていくつかの種類があります。交通事故だけでなく自然災害やいたずら、飛び石などの修理についても、保険金が支払われるものもあります。

保険料が高くなるので、加入しているドライバーは約半数足らずです。

自動車保険の概要

保険を使ったことがないという人も多いので、自分の保険の補償内容を正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。

保険を使わなくてすむことは良いことですが、せっかく補償できるのに使わないのはもったいないです。

(Mr.ソラン)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ