アストンマーティン『ヴァンテージ』に待望のオープンモデル、MT車が追加! MTの価格は140万円以上お安い設定!!【新車ASTON MARTIN Vantage】

コラム Clicccar

2020年2月21日、六本木にある東京ミッドタウンキャノピー・スクエアで開催されるアストンマーティンヴァンテージギャラリーに先駆けて、ヴァンテージロードスターとクーペのMT車が発表されました。

六本木の東京ミッドタウンに行くと明日まで、3台のヴァンテージを近くで見ることが可能

アストンマーティンブランドの中で最もボディサイズが小さく、スポーティなヴァンテージは、ベイビーアストンと呼ばれていて、現行モデルは日本市場には2017年11月にクーペのAT車を導入。ようやく本日待望の2シーターオープンのロードスターが追加されたのです。

ソフトトップを開けた状態のヴァンテージロードスターのフロントスタイル

ヴァンテージロードスターに採用された電動開閉式のソフトトップは、新開発されたZパターンの軽量折りたたみルーフメカニズムを採用。開閉に要する時間はわずか7秒以下。そして時速50km以下であれば、走行時でも操作可能となっています。また、シャシーを最適化することにより、車両重量はクーペからわずか60kg増に抑えていて、高い運動性能はキープされています。

滑らかなカーブを描くボディラインはロードスターとなっても健在

ヴァンテージロードスターに搭載されているエンジンは最高出力510ps、最大トルク685Nmを発生する自社開発した4LV型8気筒ツインターボ、そしてミッションはZF製の8速ATが組み合わされます。駆動方式はFRで、最高速度は約時速306km、0-60マイル(約97km/h)加速はわずか3.7秒という高いパフォーマンスを発揮します。

インパネのデザインはクーペモデルからの変更はなし

スポーツ、スポーツ+、トラックの3つの走行モードもロードスター専用に調整され、ダイナミックなキャラクターと運動性能を誇っています。その一方で、トランク容量は200Lを確保し実用性の高さも兼ね備えているのです。

200Lというトランク容量を実現。内壁をえぐるなど工夫されている。

また、ヴェンテージロードスター導入とともに、クーペモデルを含むヴァンテージには様々な新しいオプション装備が導入されました。その代表例が、ベーングリルです。2018年にヴァンテージクーペが導入されたときはサーキット志向の強いハンターグリルを採用していました。今回オプションで、アストンマーティンを象徴するエレガントなデザインのベーングリルがヴァンテージ生誕70周年を記念して導入されました。

ヴァンテージロードスターに装着される20インチホイール

また、クーペモデルにはアストンマーティンファンに向けたオプションとして、7速MTを搭載。従来は限定車のヴァンテージAMRしか選ぶことはできませんでしたが、クーペでも選べるようになりました。

今回クーペモデルに設定された7速MT車

DBXの追加によってSUVという新しい価値を提供し始めた英国のスポーツカーブランド、アストンマーティン。ロードスターやヴォランテと呼ばれるオープンカーのデザインはまさに芸術品のような美しさと言えるでしょう。ヴァンテージロードスターの車両本体価格は2159万9000円、クーペはAT車が2056万9000円、MT車は1913万円となっています。MT車を戦力的な価格としたそうです。

クーペとロードスターが揃いラインナップが充実

なお、東京ミッドタウンで開催されているアストンマーティンヴァンテージギャラリーは明日までですが、その後はヴァンテージロードスターディーラーツアーとして全国のアストンマーティンディーラーで展示イベントが開催される予定なので、実車のヴェンテージロードスターを見たいという人は詳しくはディーラーに確認してください。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ