ヒュンダイのフルEVモデル「45コンセプト」、市販型プロトタイプをキャッチ

コラム Clicccar

ヒュンダイは、2019年のフランクフルトモーターショーにてフルEVモデル「45コンセプト」を初公開しましたが、その市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

新型EV ヒュンダイ45 市販型プロトタイプ

45コンセプトは、1974年に発表されたヒュンダイ初であり、韓国初でもある自動車「ポニー」からインスパイアされたモデルです。車名の45は、初の国産車から2019年までの年数からとられています。

ポニーは巨匠ジウジアーロによってデザインされたモデルですが、同時に発表された「ポニー クーペ」は後の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で一躍名を馳せた「デロリアンDMC12」の起源とされたと伝えられています。

新型EV ヒュンダイ45 市販型プロトタイプ

45の市販型では、「E-GMP」プラットフォーム(Electric Global Platoform)を採用するフルEVクロスオーバーSUVモデルとなります。

捉えたプロトタイプは、ボディ全体を厳重にカモフラージュし、詳細を明かしていません。しかし市販型では、45コンセプトほど鋭いエッジを多用していないほか、グリルもそれほど未来的でないと予想されています。

室内では、デジタルクラスタをはじめ、ワイドなインフォテイメントディスプレイなどの搭載も濃厚ですが、パワートレインに関する情報は入ってきていません。

45市販型のワールドプレミアは、2021年内と予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ