SUBARU/STI 2020シーズンのレースマシンはカラーリングを一新! ニューカラーに込められた想いとは?

コラム Clicccar

2月26日に富士スピードウェイにて、SUBARU/STIが参戦するSUPER GTとニュルブルクリンク24時間レースのシェイクダウンテストが実施されました。

SUPER GT BRZ GT300 2020 STI NBRチャレンジ2020 シェイクダウンテスト

SUPER GTはこれまで同様、GT300クラスにテクニカルパートナーのR&D SPORTと共にBRZ GT300で悲願のシリーズ優勝を目指し参戦。チームは2019シーズンと同じくSTIの渋谷 真 総監督をはじめ、ドライバーも井口 卓人選手、山内 英輝選手の名コンビが引き続きステアリングを握ります。

ニュルブルクリンク24時間レースについてもチーム体制はクラス優勝2連覇を達成した2019シーズンと同じく、STI 辰己 英治総監督、沢田 拓也監督をはじめ、ドライバー陣もカルロ・ヴァンダム選手、ティム・シュリック選手、井口 卓人選手、山内 英輝選手の4名がクラス優勝3連覇と過去最高の総合順位18位以内を目指し挑みます。

SUBARU BRZ GT300 2020 WRXSTI NBRチャレンジ2020

SUPERGT、ニュルブルクリンク24時間レースともに、昨シーズンのマシンから大幅に進化していますが、まず目を惹くのが一新されたマシンのカラーリング。このカラーリングはSUBARUの実車をデザインしているデザインチームの手により産みだされました。

WRX STI NBRチャレンジ2020

どちらのマシンも基本的なカラースキームは統一されています。カラーリングのコンセプトはSUBARUとSTIそしてファンとの一体感。SUBARUのイメージカラーであるブルーとSTIのイメージカラーであるチェリーレッドを車体後部に向けて大胆に配色。

WRX STI NBRチャレンジ 2020

走っている姿は、まさに青い炎が燃え上がるイメージです。境目はブルーがチェリーレッドに溶け込むようなグラデーションとすることでSUBARUとSTIの一体感を演出しています。

BRZ GT300 2020

さらにサイドだけでなくグランドスタンドなどファンの皆さんが上から見下ろすような場所でもチェリーレッドが良く見えるよう車体上側にも配色されています。サイドのSTIロゴは昨年までのホワイトからチェリーレッドに変更され、スポンサーロゴと色が被らないよう配慮。STIロゴを控えめに主張したいという相反する狙いを見事に実現しています。

WRX STI NBRチャレンジ2020

リヤ周りにはブラックを大きく取り入れており、こちらは今シーズンから一新されたファンの皆さんも着用することの多いチームウェア(会場で必ず入手したい! SUBARU/STIの新しいチームウェアが発売開始【東京オートサロン2020】)とも統一感を演出することで、ウェアのコンセプトでもある「OneTeam」でレースに挑むことを意味しています。

BRZ GT300 2020

SUPER GT BRZ GT300では、マシンにブルー系を採用するチームも増えたことをきっかけに、一目でSUBARUとわかるようにという意味も込められています。

ベースとなるWRブルーを東京オートサロン2020に出展された「BRZ STI Sport GTコンセプト」に採用され、会場でも多くの人から好評だった「ギャラクティックWRブルーメタリック」としています。市販車に採用されているWRブルーパールと比べ、さらに明るみの増した鮮やかなブルーはサーキットでも映える美しさ。ぜひ市販モデルにも展開してほしい塗色ですね。

BRZ GT300 2020

BRZ GT300の塗装はレースマシンということもあり、塗装の重量にもこだわっているため、オートサロンに出展されたコンセプトカーの3層の塗装から2層の塗装とされています。

この塗装は従来のマシンでも同様に施されていましたが、今シーズンは同じ2層でありながら、ゼッケンをはじめとした大きなデカールに隠れる部分は極力薄い塗装とし、マシン全体の塗装だけでなんと1.4kgも軽量化に貢献しているそうです! 勝利に向けたこだわりが塗装からも伺える部分といえそうですね。

WRX STI NBRチャレンジ2020

ニュルブルクリンク2時間レースに参戦するWRX STIは昨年と同じく空力性能向上に効果のある「サメ肌塗装」をベースとしたマットなカラーリング。塗装も空力パーツという斬新な考えを引き続き今シーズンも継承されています。3連覇へ向けた熱意と、ファンを含めたチームの一体感はBRZ GT300と同様に感じられます。

BRZ GT300 2020 WRX STI NBRチャレンジ 2020

今回のシェイクダウンテストは、本来ファンのみなさんも来場できる一般公開も予定されていましたが、昨今の国内外の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、残念ながら一般公開は中止となっていました。しかし、今回のシェイクダウンでは応援するSUBARUファンと一緒に戦い優勝を目指すという、熱く、強い想いがカラーリングからも感じ取ることができました。SUPER GTは悲願のシリーズチャンピオン、ニュルブルクリンク24時間レースは待望の3連覇を目指し挑むチームに期待が高まるばかりです。

SUPERGT BRZ GT300、ニュルブルクリンク24時間レース参戦車WRX STIの改良ポイントなどについては引き続きご紹介予定ですのでお楽しみに!

(Text:井元 貴幸 Photo:土屋 勇人)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ