過酷な舞台で性能を実証! トーヨータイヤが2020年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦!

コラム Clicccar

ドイツ西部のニュルブルクリンクで、毎年5月に行われるニュルブルクリンク24時間レース。最近でこそ「グランツーリスモ」とかで手軽に走れるようになりましたが、1周25km、高低差300mという難コースを24時間走り抜く現実のレースは、今もって世界一過酷な耐久イベントです。

そんなタフな戦いに、トーヨータイヤが挑むことになりました。タッグを組むのは、レクサス「F」モデル向けの高機能パーツを開発・販売するレクサス専門チューナー「NOVEL racing(ノーベル・レーシング)」。2016年以来ニュルに参戦を続け、2018年にはSP8クラス2位・3位に名を刻んだ気鋭のチームです。

2018年の参戦風景(NOVEL racingホームぺージより)

トーヨータイヤは、同チームが2020年のレースに投入するレクサスRC FとトヨタGRスープラGT4向けのタイヤを開発・供給し、その勝利を強力にサポートする考え。開発にあたっては、トーヨータイヤの最新試験機で高速コーナリングの評価を蓄え、反映するとのことですが、ニュルブルクリンクで得られたデータそのものも、今後のタイヤの開発にしっかりフィードバックされるはずです。

GRスープラ GT4参戦車両のイメージ

欧州ツーリングカーレースの分野でも「TOYO TIRES」の名がいっそう広がることに期待したいですね。

(文:角田伸幸)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ