メルセデスAMG GT、ブランド史上最強のモデル「73」を設定へ

コラム Clicccar

メルセデスAMGは、「GT 4ドアクーペ」をプレビューする「GTコンセプト」を2018年に発表していますが、その市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ

GTコンセプトは、フロントに4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン、リアに電気モーターを搭載するハイブリッドモデルで、システム合計で805hpを発揮、0-100km/h加速3秒以内とAMG量販モデルとして最強ののハイパフォーマンスを誇ります。

メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、パナメリカーナグリルを装備、鍵型のLEDデイタイムランニングライト、大型のコーナーエアインテーク、「GT63 S」と酷似したフロントエンドをもっています。またリアエンドでは、可動式リアウィング、大径のクワッドエキゾーストパイプ、アグレッシブなディフューザーが見て取れます。

市販型の車名には「GT73」が最有力となっています。AMGでは、1998年から2001年まで2ドアクーペ「SL」に「SL73 AMG」が設定されていました。パガーニ「ゾンダ」同様の7.3リットルV型12気筒エンジンを搭載していましたが、「73」の車名が19年ぶりに復活することになります。

ただし、GT73市販型に搭載されるパワートレインはV型12気筒ではなく、コンセプト同様に4.0リットルV型8気筒+電気モーターのハイブリッドモデルで、最高出力は800ps以上・最大トルクは900Nm以上と予想されています。

GT 73のワールドプレミアは、2020年内が有力です。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ