クラシックな外観も中身は最新! モーガンの新型「Plus Four」がデビュー!【新車】

コラム Clicccar

モーガン モーター カンパニーは、ジュネーブモーターショーで披露される予定だった新型「Plus Four」を2020年3月3日に発表しました。「Plus Four」は、70年の歴史あるモデルから97%もの部分が新しくなり、革命的な進歩と遂げたモデルとしています。

モーガン「Plus Four」の前後スタイル

新型「Plus Four」は、「Plus Six」と同様「CXジェネレーション」接着アルミプラットフォームが採用され、モーガンにとって初めての4気筒ターボチャージャーエンジン(2.0L BMWツインパワーターボ)が搭載され、最高出力は190(kW)/258PS、最大トルクは400Nm。ボディサイズは、全長3830×全幅1650×全高1250mmです。

モーガン「Plus Four」のインパネ

0-100/h加速は、4.8秒(車重:1,009kg/AT)、0-100/h加速は、5.2秒(車重:1,013kg/MT車)。「Roadster」と比べて約30%のCO2の削減に成功したそう。

モーガン「Plus Four」のフロントマスク

装備では、LEDフロント/リヤライト、オートマティックヘッドライト、ABS、パワーステアリング、サンバイザー、ドアチェックストラップが標準化されています。

モーガン「Plus Four」のシート

「Plus Four」のトランスミッションは、6速MT、または8速ATの2種類より選択が可能です。ボディカラーに合わせてカーペットやシートのレザー・ペイントなどもオプションで変更可能になっています。また、オーディオシステムには、Bluetoothも搭載されています。本国イギリスでは、同日よりオーダー受注開始となりますが、日本での販売は現在未定となっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ