4万円の「サポカー補助金」が受けられる! 今が狙い目の国産中古軽&コンパクトカー5選【中古車】

コラム Clicccar

65歳以上の高齢者が一定の条件をクリアしたクルマを購入する際に、補助金を受けることができるのが、3月9日から申請受付が始まった「サポカー補助金」です。

このサポカー補助金は新車だけでなく中古車でも適用され、対歩行者の衝突被害軽減ブレーキそしてペダル踏み間違い急発進抑制装置の2つの運転支援システムを搭載するクルマの場合4万円。また対歩行者の衝突被害軽減ブレーキのみの場合は2万円が補助されます。

ここでは2つの運転支援システムを搭載し、「サポカーSワイド」に該当する国産中古車の中からオススメの5台を紹介します。

初代スズキハスラーのフロントスタイル

まずは、初代スズキハスラーです。2014年〜2019年に販売された初代ハスラーは、当時軽自動車の王道だったハイトワゴンのワゴンRをベースに、SUVテイストを融合させたクロスオーバーモデルです。

広い室内空間と高い悪路走破性そしてキャッチーな外観デザインなどが支持され大ヒットしました。2015年12月に行われた一部改良で、上級グレードのX、Xターボにステレオカメラ方式の運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載。この運転支援システムを搭載したモデルがサポカーSワイドに該当しています。

2018年11月以降はG、Gターボにも「デュアルカメラブレーキサポート」が搭載され、特別仕様車のJスタイルII・III、ワンダラー、タフリミテッドなど該当グレードが拡大しています。

現在、初代ハスラーの中古車は約2870台流通しており、そのうちサポカー補助金対象車の価格帯は約70万〜約179万円となっています。価格の安いハスラーの中古車は対象外となりますので、購入時には「デュアルカメラブレーキサポート」装着車かどうか確認してください。

現行型ムーヴのフロントスタイル

続いては、軽ハイトワゴンのダイハツ・ムーヴです。室内空間の広いハイトワゴンのムーヴは、ドライバーのアイポイントの高く設定され視界が広く運転しやすいのが特徴です。

6代目となる現行型ムーヴは2014年より販売開始され、丸5年が経過したロングセラーモデルです。スタンダードとカスタムという2タイプを設定するムーヴは、Dモノコックと呼ばれるボディ構造やDサスペンションと呼ばれる足回りを採用し、軽自動車でトップレベルの走行安定性を実現しています。

サポカー補助金の対象となるのは、大幅に内外装のデザインが変更された、2017年8月のマイナーチェンジ後のモデル。運転支援システムに、ステレオカメラ方式のスマートアシストIIIを搭載し、対歩行者緊急ブレーキ機能を備えたモデルです。

現行型ムーヴの中古車は約2670台流通していて、そのうちサポカー補助金の対象となるムーヴの中古車の価格帯は約60万〜約198万円となっています。購入する際にはSAIII(3)と書かれているグレードを選んでください。

ここまでは軽自動車の中古車を紹介してきましたが、ここからは登録車です。まず紹介するのはe-POWERというパワーユニットの搭載で大ヒットモデルとなった日産・ノートです。

現行型日産ノートのフロントスタイル

2代目となる現行型ノートは2012年に登場し、すでに7年が経過したロングセラーモデルです。高出力と高い環境性能を両立したダウンサイジングエンジンを搭載して登場しましたが、ノートをコンパクトカーNo.1へと躍進させた原動力は、2016年11月に追加されたe-POWERと呼ばれるシリーズハイブリッドです。

このe-POWERは1.2Lガソリンエンジンで発電した電力によってモーターを駆動させて走行させるというもので、走行フィールは電気自動車そのものです。発進加速も鋭く、しかも静粛性も高いということで大ヒットしました。

ノートは長いモデルライフの中で改良を重ねてきましたが、現在と同じ運転支援システムとなるのは2017年9月の一部改良以降となります。ガソリン車、e-POWER車ともに狙い目はこの年式以降です。

現在、現行型ノートの中古車は約6330台流通していて、最新と互角の運転支援システムを搭載している中古車の価格帯は約60万〜約282万円となっています。人気のe-POWERでも約70万円から手に入るので、オススメです。

旧型ホンダフィットのフロントスタイル

2020年2月にフルモデルチェンジを行ったばかりのホンダ・フィット。2013年〜2020年に販売された旧型フィットもサポカー補助金対象のモデルがあります。

ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを採用し、コンパクトカーながらミニバンに匹敵するシートアレンジが可能。燃費性能に優れたハイブリッド車から走りにこだわったRSというモデルを用意するなどユーザーの多彩なニーズに応えたモデルです。

旧型フィットでサポカー補助金の対象となるのは、2017年6月に行われたマイナーチェンジ以降のモデルです。この時に内外装の変更を始め、ホンダの安全運転支援システム「ホンダセンシング」を採用。このホンダセンシングを搭載したクルマが該当します。

現在、旧型フィットの中古車は約3770台流通していて、サポカー補助金に該当する中古車の価格帯は約85万〜約232万円となっています。購入する際には車名にホンダセンシングと付いているかどうかを確認してください。

現行前期型のスバルインプレッサスポーツのフロントスタイル

最後に紹介するのは、スバル・インプレッサスポーツです。WRCをはじめとした走りのイメージが強かったスバルを安全性の高いクルマへと方向変換させたのが、スバル独自の運転支援システム「アイサイト」です。

5代目となる現行型スバルインプレッサスポーツは2016年に登場。SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用し、新世代スバル車の幕開けを告げたモデルです。現行型インプレッサスポーツには最新バージョンの「アイサイトver.3」をはじめ、アドバンスドセーフティパッケージなど国産車トップレベルの運転支援システムが充実しています。

現在、現行型インプレッサスポーツの中古車は約600台流通していて、価格帯は約79万円〜約270万円となっています。すでに100万円以下でも最新の運転支援システムを搭載した現行型のインプレッサスポーツが購入できるようになっています。

クルマの運転支援システムは日進月歩で進化しています。中古車でもできるだけ新しいシステムを搭載したクルマを購入したほうが、購入後の満足度も高くなるのは間違いありません。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ