トヨタ新型クロスオーバーSUV、発表延期に。日本市場導入はあるか?

コラム Clicccar

トヨタは「ヤリス」ベースの新型コンパクト・クロスオーバーSUVをジュネーブモーターショーでワールドプレミアすると予告していましたが、突如発表延期が決定しました。

トヨタ 新型SUVティザーイメージ

「Autonews Europe」によると、やはり世界的に蔓延する新型コロナウィルスによるジュネーブモーターショーの中止が最大の理由であると同時に、2021年3月発売予定のため、ワールドプレミアを急ぐこともないという判断の元だといいます。

おそらく今後、数週間から数ヶ月うちにデビューを予想しており、ジュネーブモーターショーで初公開予定だった多くの新型モデルが、デジタルワールドプレミアを執行するのとは対照的な処置となりました。

トヨタ 新型SUVティザーイメージ

この新型クロスオーバーSUVは、「C-HR」の下に位置するB-SUVで、「ヤリス」より長い全長とホイールベース、高い全高、ワイドな全幅を持つコンパクトでありながらダイナミックな1台となるといいます。

先日公開されたティザーイメージからは、丸みを帯びたリアエンド、テールゲートに伸びるスリムなLEDテールライト、さらにテールゲート右下には「AWD」と「HYBRID」のバッジが見てとれ、4輪駆動システムと最新のハイブリッド技術を搭載しているSUVであることがわかります。プラットフォームには「TNGA-B」を採用、予想されるパワートレインはヤリス新型から流用さえる1.5リットル直列3気筒のハイブリッドが有力です。

フランスの「TMMF」(トヨタモーターマニュファクチャリングフランス)で製造される予定で、日本市場に導入されるか注目されます。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ