フロントマスクを刷新。ジャガー E-PACE、初の大幅改良へ

コラム Clicccar

ジャガーのクロスオーバーSUV「F-PACE」の下に位置するコンパクトモデル、「E-PACE」が初のフェイスリフトへ向け、開発テストが進められています。

ジャガー E-Pace 改良新型プロトタイプ

E-PACEは、2018年に日本市場に導入されたばかりの新車で、これが同モデル初の改良新型となります。

捉えた最新のプロトタイプは、これまで同様ボディ全体に重いカモフラージュがほどこされています。修正されるのは、ヘッドライト、グリル、エアインテークを含むバンパーです。リアエンドでは、テールライトのグラフィック、デュフューザー、バンパーが再設計されます。

ジャガー E-Pace 改良新型プロトタイプ

キャビン内では、既に最新のギアセレクタやエアコントロールなどをそなえており、新デザインのステアリングホイール、12.3インチデジタルインストルメントクラスタ、Touch Pro Duoインフォテイメントシステムやトリムの更新などになるでしょう。

パワートレインは、最高出力200ps、250ps、300psを発揮する3種の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボがキャリーオーバーされると予想されますが、最高出力290psを発揮するマイルドハイブリッドなど新しいオプションも期待できそうです。

ジャガー E-Pace 改良新型プロトタイプ

ワールドプレミアは最速で今秋、おそくとも2020年内と予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ