コペンとAZ-1もお出迎え!記憶に残る旧車が大集合【昭和平成のクラシックカーフェスティバル・会場/トヨタ】

コラム Clicccar

 新型コロナウイルスが猛威をふるい、3月に入ってから各地でイベントや行事が中止に追い込まれています。特に屋内での催しは感染する危険性が高いため、コンサートなども取りやめる傾向が強くなっています。それは旧車イベントも同じことで、今月に開催が予定されていたものの大半が中止になってしまいました。

 ところが、元気に開催しているイベントもあります。それがこの「昭和平成のクラシックカーフェスティバルinキャッセ羽生」です。今回で3回目の開催となるイベントで、新年早々の1月18日に佐野駅前で開催されたイベントと同じ主催者によるものです。

 佐野の時に年間26ものイベントを開催すると豪語した主催者ですから、今回の開催は悲願でもあったのでしょう。会場となったキャッセ羽生は埼玉県羽生市にある農林公園で、子供たちが集まるイベントは中止にしています。ですが、「昭和平成のクラシックカーフェスティバル」には前向きな姿勢でGoサインを出したそうです。

 今回のイベントでは、公園の敷地内へ乗り入れて、参加車両を展示する方式が採用されています。舗装路面と違い、自然を感じられるロケーションが古いクルマとマッチしています。

 展示された車両は主催クラブの特色を反映して、国産車たちが多くなっています。メーカーごとに偏ることなく、様々な車種が集まることも特徴でしょう。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル

では展示車を見ていきましょう。

まずはトヨタからです。今回トヨタ車は80年代など年式の新しいクルマが多かったようです。

昭和平成のクラシックカーフェスティバル

(文と写真:増田満)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ