アウディ「E-Tron GT」を初スクープ! 市販型EV初のスポーツクーペ誕生へ

コラム Clicccar

アウディ初となる、4ドアEVスポーツクーペ「E-Tron GT」のプロトタイプをカメラが初めて捉えました。

アウディ E-Tron GT 市販型プロトタイプ

E-Tron GTは、2018年のロサンゼルスモーターショーでコンセプトモデルを公開、その後2019年には2020年から市販化されることが正式に発表されており、これが初のプロトタイプとなります。

アウディ E-Tron GT 市販型プロトタイプ

カモフラージュされたプロトタイプは、市販型でもコンセプトモデルでみせたアグレッシブなクーペフォルムを継承しているようですが、新たにドアハンドルが追加されているようです。アーキテクチャには、ポルシェ「タイカン」と同じ「J1」パフォーマンスプラットフォームを採用、同じバッテリー容量を共有する可能性がありそうです。

フロントエンドではエアインテーク、バンパー、グリルが再設計されているほか、LEDデイタイムランニングライトも再設計されていますが、リアエンドではテールライトなどコンセプトに近いデザインが見てとれます。

アウディ E-Tron GT 市販型プロトタイプ

キャビン内では、最新のデジタルコックピットを採用、ダッシュボードの中央にはワイドタッチスクリーンを配置するなどコンセプトにインスパイアされたレイアウトが予想されます。

EVパワートレインは、前後にモーターを搭載し、最高出力は590hpを発揮、電子制御の4WDシステムと組み合わされます。0-100km/h加速は3.5秒、12秒で200km/hに到達し、最高速度は240km/h(電子制御)のパフォーマンスを発揮します。

90kWリチウムイオンバッテリーを搭載した場合、WLTPサイクルで248.5マイルm(400km)の航続となり、800ボルトの急速充電では約20分で80%レベルまで充電が完了します。

E-Tron GTのワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショーが有力ですが、数週間後にオンラインデビューする可能性もあるようです。またデリバリーは2021年初頭からスタートされます。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ