日産が定額利用サービスのNISSAN ClickMobi(クリックモビ)を北海道から本格稼働

コラム Clicccar

トヨタの「KINTO(キント)」、IDOMの「NOREL(ノレル)」など、クルマの世界でもサブスクリプション(定額制サービス)が増えつつあります。ほかにも、リース、カーシェアリングなど多様な付き合い方があります。2020年3月13日、日産自動車は、インターネットで新車を注文できる定額利用サービス「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」を本格稼働すると発表しました。まずは、3月14日より北海道札幌地区より、受付が開始されます。

日産自動車が定額利用サービス「NISSAN ClickMobi(クリックモビ)」をまずは北海道から開始

「NISSAN ClickMobi」は、インターネットで新車を注文し、車両本体価格、自賠責保険、また点検や車検、税金などをまとめて、月々定額費用として支払いできる新たなクルマの購入、利用サービス。

さらに、納車時には自宅までクルマを届けてくれるサービスや、「NISSAN e-シェアモビ」と連動することで、オンライン予約で事前に気楽に試乗できるセルフ試乗なども組み合わせ、購入検討から試乗、納車までの新しいクルマの買い方を提案しているのも特徴です。なお、「NISSAN e-シェアモビ」は、日産のEVとe-POWERのみを使ったカーシェアリングサービスで、EVならではのドライビングの楽しさと快適さを体験できる電動化技術と、自動運転技術や自動駐車機能などの知能化技術を体感できるサービス。免許証とクレジットカードのみで新規登録することが可能で、オンラインで24時間いつでも予約可能。

日産デイズは25,740円〜、デイズハイウェイスターは27,390円〜(20203月13日時点)

日産では、「NISSAN ClickMobi」を、まずは北海道札幌地区に導入し、外出や人混みを控える生活環境でも、自宅で安心してクルマを注文できる体制を整え、今後は利用状況やユーザーの声に応じて、対象車種や地域を拡充してく予定としています。

契約期間は、3年、5年、7年の3パターンの中から、ユーザーの好みに応じて選択可能。車両本体価格は、契約年数終了時点の想定価値(残価)を除いた金額のみ支払う仕組みのため、手頃な価格で好きな新車を楽しめる利点があります。

同サービスにて提供される車両には、安心してカーライフが楽しめるように日産純正ドライブレコーダーを全車標準で設置しているほか、ナビゲーション、ETC、フロアカーペットといった人気オプションも標準装備されています。

ほかにも、ユーザーが同サービスを利用する上で不明な点は、チャットにて専任オペレーターに気軽に相談できるそう。また、試乗や実車の確認などについては、最寄り店舗の案内や取次をサポート。なお、対象以外の車種についても、チャットを通じてオンラインにて購入相談を受付するそうです。

また、車両の点検、車検整備時には、定額費用に含まれる部品交換など、日産販売店舗のプロの整備士がメンテナンスを実施。クルマ選びから、契約、納車後に至るまで、ユーザーがより安心、快適なカーライフを楽しめるように体制を整え、今後は、「NISSAN ClickMobi」の新サービスを他の地域にも順次拡大するとしています。

なお、2020年3月13日時点のラインナップは、デイズ、デイズ・ハイウェイスター、ノート、ジューク、セレナとなっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ