「第3のスープラ」!? スーパーGTに導入されるGRスープラは3タイプあった!【SUPER GT 2020】

コラム Clicccar

2020シーズン開幕まであと1ヶ月となったスーパーGT。シーズンエントリーした45台が全車揃っての公式テストも始まり、特に今年は新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが延期や中止を余儀なくされている事もあり、開催を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?

フルラッピングされた39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supra

今シーズンは、昨年ついに完成しドイツDTMとの間で締結された共通技術規則「Class 1」規程に完全準拠したGT500マシンを、日本の3大メーカーが開発。開幕に先駆けて岡山での公式テストに全15台が揃い、走行を行いました。

左右非対称のカラーリングになったZENT GR Supra

その中でやはり特に目を引いたのは、昨年日本のみならず世界中の耳目を集めたGRスープラのGT500マシンでしょう。

WAKO’S 4CR GR Supraは体制変更で14号車に

GT500クラスの中でも最多6台のエントリーとなるGRスープラGT500ですが、今回の岡山テストでは、カーボン地にスポンサーロゴのみのマシンとすでにフルラッピングされ開幕戦の準備の整っているマシンが混走、なかなかテスト以外では見られない走行風景となりました。

52号車SAITAMATOYOPET GB GR Supra GT

また、GRスープラはGT500クラスだけでなくGT300クラスにも1台がエントリー。埼玉トヨペットGreen Braveからフル参戦するこのGRスープラはGT3マシンでもマザーシャシーでもなく、すべてをイチから作り上げるJAF-GTマシンで製作され、そのマシンカラーも相まって注目度Maxなマシンとなっています。

そしてさらにもう1台、今シーズンからスーパーGTを走るGRスープラが登場します。それがこちら!

GRスープラのセーフティカー

レースコントロールには欠かせないセーフティカーとしてGRスープラが導入されました。

スタート練習のためフォーメーションラップを先導するGRスープラのセーフティカー

GT500クラスでGRスープラがフロントローを独占すれば、セーフティカーと合わせて3台並んでのフォーメーションラップが見られるのは、トヨタファン、スープラファンにとってはたまらないのではないでしょうか?

そして昨シーズンは第3戦鈴鹿と第6戦オートポリスで見られたGT500とGT300の両クラス優勝をレクサスが独占した通称「レクサス祭り」のように、今シーズンは「GRスープラ祭り」は果たして見ることができるのか、そんな事を考えているだけでも開幕が待ち遠しくワクワクしてきてしまいますよね!

37号車KeePer TOM’S GR Supra

(H@ty)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ