最終デザイン見えた! BMW M5改良型、標準サイズのグリルが確定

コラム Clicccar

BMWは、現在ミッドサイズ4ドアセダン「5シリーズ」改良新型を開発中ですが、そのハイパフォーマンスモデルとなる「M5セダン」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M5セダン 改良新型 プロトタイプ

これまでで最もカモフラージュが薄い状態で捉えたプロトタイプは、アウトラインに角のあるアクセントを持たせた新グリルが見てとれます。しかし、4シリーズ新型に予想される特大グリルではない、標準サイズであることも確定しました。またアウディ「TT」やVW「ゴルフ」に似た新グラフィックのLEDデイタイムランニングライトは、ベースとなる新型5シリーズと共通しています。

BMW M5セダン 改良新型 プロトタイプ

さらにバンパーには新しいハニカムメッシュパターン、コーナーエアインテークはスポーティなフィンを追加するなど、最終デザインが徐々に見えてきているほか、修正されると見られるテールライトの一部も確認できます。

キャビン内では新しいデジタルインストルメントクラスタ、より大型のインフォテイメントディスプレイの搭載が期待されます。

ハイライトはその心臓部です。お馴染み4.4リットル「M Twin Power Turbo V8」エンジンを搭載、4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、M5史上最強となる最高出力600ps・最大トルク750Nm、0-100km/h加速は3.4秒のパフォーマンスを発揮します。

さらに高性能モデル「M5コンペティション」では、最高出力617psを発揮。0-100km/h加速3.3秒のパフォーマンスを持つほか、最高出力625ps・最大トルク750Nmを発揮する「M5 CS」の設定も噂されています。

5シリーズ、M5改良新型とも2020年内のワールドプレミアが期待できるはずです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ