マツダ・CX-5に2つの個性を追加する「TOUGH-SPORT STYLE」「Silk Beige Selection」が登場【新車】

コラム Clicccar

2019年12月に一部改良を受けたマツダCX-5。トップシーリングの吸音性向上など静粛性のブラッシュアップのほか、2つの個性が加わっています。

CX-5の「TOUGH-SPORT STYLE」

アクセサリーパッケージの「TOUGH-SPORT STYLE(タフ スポーツ スタイル)」は、前後アンダーガーニッシュやルーフレール、ラゲッジトレイ(ハードタイプ)、オールウェザーマットの5点セット(12万5000円)が用意された仕様で、撮影車両には7810円のドアミラーガーニッシュ(ブリリアントブラック)も装着されています。

「TOUGH-SPORT STYLE」のルーフレール

タイヤは225/65R17で、アルミホイールはグレーメタリック塗装が施されています。撮影車両にも用意されているように、「TOUGH-SPORT STYLE」には別売のブリリアントブラックのドアミラーガーニッシュ(ディーラーオプション)と、17インチアルミホイール(メーカーセットオプション)の同時装着が推奨されていて、タフでスタイリッシュな雰囲気が漂います。こちらの撮影車両の価格は342万6500円です。

CX-5「TOUGH-SPORT STYLE」の17インチアルミホイール

もう1台の「Silk Beige Selection(シルク ベージュ セレクション)」は、キャビンに明るさと、上品な印象をもたらすシルクベージュカラーのハーフレザレットシートをはじめ、LED室内照明、LEDフロントフォグランプ、IRカットガラスが装備されています。

こちらは街乗り中心で、SUVでもより高い質感を求める層にマッチしそう。「シルク ベージュ セレクション」の価格は296万4500円〜351万4500円。

CX-5の「シルク ベージュ セレクション」

ほかにも、新色として「ポリメタルグレーメタリック」のボディカラーが採用されたほか、助手席シートが回転して昇降するリフトアップ機構を備えた助手席リフトアップシート車(「PROACTIVE」がベース)も継続設定されています。付属のワイヤレスリモコンやシート両側のスイッチ操作で、お年寄りや身体の不自由な方の乗り降りをサポートします。

「シルク ベージュ セレクション」には、LED室内照明、LEDフロントフォグランプなどを用意する

今回の一部改良で、SUVらしくアクティブな使い方から、上質なムード、ドライブを提供する仕様まで、CX-5に多彩な個性が揃っています。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ