視界バツグンで荷室容量も広大!新型フィットの内装に弱点はあるのか?【新型フィット&ノート】

コラム Clicccar

[index]
■コンパクトカー史上最高の視界のよさ。水平なダッシュボードデザインも効果あり
■骨盤を支えるフィットの前席シートは座り心地バツグン、ただしサポート性に優れるのはノート
■フィットの後席シート居住性は優秀!足先を伸ばすだけでなく、曲げることもできる
■後席シートバックを倒した際の広さはフィットの圧勝。高さ方向の空間が非常に広い

フィットと比較すると、Aピラーの太さが目立つ。

今回の新型フィットの最大の改良点のひとつである、Aピラーの細幅化。びっくりするほど細くなったAピラーのおかげで、左右の死角が少なく、運転が非常にしやすいです。車体剛性はサブAピラーで確保しているので、安全性も問題ありません。

またフィットは、ダッシュボード上面が水平で余計な突起物がなく、これも、視界の広さに効いています。ドライバーが必要とする情報だけを最低限残したシンプルなデジタルメーターによって、気が散ることなく、運転に集中することができます。

9インチナビモニターは見やすく操作も簡単で快適なのですが、オプションで20万円からと、なかなかの高価格。スマホ前提にはなりますが、トヨタやダイハツで取り入れられている、オーディオディスプレイ式の設定が欲しかったところです。

対するノートは、ナビモニターがセンターコンソール中段と低い位置に設置してあり、運転中に視線を落として確認する必要があります。運転中のドライバーの視線の動きを最小化するためのレイアウトは、今の時代必須です。ナビモニターの位置変更と大型化は、次期型ノートではマストといえます。

小窓もあり、視界は良いが、フィットのまでは霞む。

今回のフィットでは、シートの座り心地にもこだわりがあります。人の骨格を研究してつくられたという「ボディースタビライジングシート」により、骨盤が支えられ、お尻がスポッとはまるような形状となっています。サイドサポートは、腰回りはサポートが強いですが、上に行くほどに弱まっているため窮屈さをあまり感じません。

ファブリックの座面は柔らかく、面圧が一定に保たれるため、このシートならば長時間ドライブでも血行不良になりにくいはず。

腰がスポットハマりこむようなシート形状。サイドサポートも腰周辺でここちよい。

対するノートのシートは、サイドサポートが強めで肩の辺りまであります。左右に振られるようなコーナーでは、ノートのシートの方がしっかりと身体をサポートしてくれますが、少し窮屈に感じます。また、シートバックと背中とが線当たりする形状となっているため、長時間のドライブでは疲れやすいかも知れません。

背もたれのサイドサポートが上半身までついており、サポート性が高い。だが、やや窮屈。

後席の広さは、フィットもノートも同じレベルです。膝前には、コブシ2つ分以上のスペースがあり、頭上もこぶし1個半はスペースが空いています。

フィットの場合は、座面の下にもスペースがあるため踵をシートの下側へ引くことができます。足を延ばすこともできるし、ある程度曲げることもできるので、疲れにくく血行不良を予防できます。またフィットは、後席の座面が前席よりも少し高くなっており、ウィンドウエリアも広いため後席からも視界がよく、狭さを感じさせません。

座面の硬さはフロントと同じくらいに柔らかめで、シートバックもフラットでなく背中がはまるように凹凸が付いているので、身体をしっかりサポートしてくれます。

やや平べったく感じるノートe-POWERの後席シート

荷室エリアの幅や奥行、そして高さなどを実測した結果は以下の通りです。

フィットe:HEV ノートe-POWER
VDA方式 427L 330 L
地面から、荷室までの高さ 600mm 650mm
荷室入口の最大幅 1100mm 980mm
荷室の最大幅 1160mm 1160mm
荷室の奥行 700mm 650mm
荷室入口の高さ 850mm 750mm
後席シートバックを倒した奥行 1550mm 1550mm

フィットのVDA方式のカーゴエリア容量は、なんと427L。ノートの330 Lを遥かに凌駕しています。フィットの427Lという数字は、同社のCR-V(499Lハイブリッド車)にも迫る数値であり、コンパクトカーとは思えない積載性能を持っています。

後席シートバックを倒した際の奥行きや荷室の最大幅は、フィットもノートも同じですが、フィットは荷室入口の最大幅がノートより100mm以上広く、地面から荷室までの高さも50mm低くなっており、大きく重たい荷物を積み込む際には、フィットのほうが積み込みしやすい、といえます。

背もたれのみが倒れる。足元にはスペースが生まれる。

「心地よい視界」「座り心地のよさ」「乗り心地のよさ」「使い心地のよさ」の4つの心地よさを求めた新型フィットの使い勝手は、まさに至れり尽くせり。ノートはやはり、登場から7年というモデルの古さが否めず、新型ではフィットのようなアイディア満載のユーティリティが欲しいところです。

次回は、この2台の「走り」について、具体的に「良い点・気になる点」に分けてレポートします。

(文:自動車ジャーナリスト 吉川賢一/写真:エムスリープロダクション 鈴木祐子)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ