お勧めはオールインワンタイプ。レーダー探知機を自分で付けたい【誰でもできるカーメンテ】

コラム Clicccar

主にスピード違反を取り締まるための固定式オービスや、警察が不定期に行う路上での取り締まり箇所などを教えてくれる「レーダー探知機」。近年ではレーダー探知だけでなく、様々な機能が搭載されたカーアクセサリーに進化しています。今回は、多機能になったレーダー探知機と、その取り付けについて解説していきます。

速度取締り装置のオービスは、現在様々な種類のものが使われています。もっとも古くから稼働しているのがレーダー式オービスで、レーダー式オービスを探知する機械を「レーダー探知機」と呼ぶようになりました。現在では、ループコイル式、Hシステム、LHシステム、移動式、固定式中型など、様々なタイプのオービスが設置されていて、最新機種モデルになればなるほど、検知する種類が多くなります。オービスの検知以外にも、無線電波を使って、緊急車両の接近などを教えてくれるものもあります。

また、レーダーではなくレーザーを使ったオービスも登場しており、新型光オービス、移動式レーザーオービスという新たな取り締まり装置も誕生しています。

これらの速度取締り装置を検知することが、レーダー探知機を装着する主要な目的ですが、他にも様々な機能が搭載されるようになりました。

例えば、ドライブレコーダーと連携して前車発進をお知らせする機能や、車線逸脱警報機能、衝突防止警報機能を備える機種も登場しています。

また、車両の故障診断を行う際に使用するOBD||アダプターを使用して、速度、エンジン回転数、燃費などの車両情報を表示させたり、一部対応車種では、走行時の自動ドアロック機能を搭載するなど、様々な使い方ができるのが、現代のレーダー探知機です。

アンテナ内臓、タッチパネル式のオールインワンタイプが便利です。

レーダー探知機には、GPSアンテナや各種センサーを本体にすべて詰め込んだオールインワンタイプ(一体型タイプ)と、アンテナやセンサー系と本体が分かれているタイプ(セパレートタイプ)があります。

セパレートタイプの場合、アンテナと本体を分けられるため本体の設置場所が自由になりますが、取り付け作業と配線の処理が複雑になります。オールインワンタイプなら、本体とクルマを配線一本でつなぐだけなので、取り付けも楽に行えます。

レーダー探知機の機能としては差が生まれることは少ないので、DIYで取り付けるなら、オールインワンタイプを選ぶと良いでしょう。

それでは、さっそく取り付けをしてみましょう。

本体を設置するためのブラケットをダッシュボードに取り付けます。レーダー探知機は、本体がGPSアンテナを搭載しているので、GPSを受信しやすい場所に位置決めをする必要があります。ルーフに隠れることのない、フロントガラスに覆われたダッシュボードの上が、最適な位置になります。

この時、エアバッグの飛び出し位置から離してブラケットを取り付けましょう。エアバッグの上に取り付けると、万が一の事故の際、エアバックが飛び出すのと一緒に乗員にレーダー探知機が飛んできて、怪我をする恐れがあります。

また、レーダー探知機をフロントガラスに直接取り付けるのはやめましょう。フロントガラスに取り付けても良いものは、保安基準によって定められており、車検、法定点検などの標章、ETCアンテナ、ドライブレコーダーなどに限られており、レーダー探知機をフロントガラスに貼り付けるのは保安基準違反となるので注意が必要です。

ブラケットを適切な位置に取り付けたら、本体と配線をつなぎ、ブラケットに本体を取り付けます。配線をドア周辺や内装パネルの間に隠しながら、シガーソケットへ差し込みます。これで取り付け作業は完了です。

配線はコンパクトにまとえて、内装の内側に隠していきます。

OBD||プラグを使用した取り付け作業も、同じ手順で行うことができます。配線を隠しながら、OBD||カプラーへ差し込めば取り付けは完了です。

一部車種では、OBD||カプラーを使ってレーダー探知機をとりつけることにより、車載テレマティクスサービスなどが使用できなくなる可能性があるという事例があります。OBD||を使ったレーダー探知機の取り付けの際には、取り付けの可否をカーディーラーに確認するといいでしょう。

OBD||は車両情報と電源を一度にとれる優れものです。

スピード違反取締装置の有無を教えてくれるだけでなく、各種ドライブサポートを行ってくれるレーダー探知機は、セーフティドライブの一助となるカーアクセサリーです。手軽に取り付けられるレーダー探知機を試してみてはいかがでしょうか。

(文:写真 佐々木 亘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ