2019年の「フォルクスワーゲン」ブランドは過去最高の630万台の新車販売を記録

コラム Clicccar

フォルクスワーゲンが2019年の販売台数、売上高、営業利益などを発表しました。2019年の「フォルクスワーゲン」ブランドは、過去最高の630万台の新車販売になり、新記録を達成しています。

フォルクスワーゲンT-Roc

同ブランドは、すべての主要市場でシェアを高めています。「T-Cross(Tクロス)」「T-Roc(Tロック)」や「Atlas(アトラス)」といった利益率の高いSUVが好調に推移したことが貢献していて、70万台以上の車両が販売された「Tiguan(ティグアン)」は再び世界で最も販売されたモデルになり、「Golf(ゴルフ)」同様、世界で最も販売された車種のトップ10に入っています。

SUV攻勢を実施してきたフォルクスワーゲン、SUVモデルの数は2016年の4車種から14車種に増加しています。ヨーロッパではSUVが販売の37%を占めており、米国では50%以上を占めているそう。

日本でも発売された新型T-Cross

「フォルクスワーゲン」ブランドの売上高は前年比5%増となる884億ユーロとなっています。特別項目を除く営業利益は17%増となる38億ユーロでした。営業利益率は4.3%に向上し(2018年は3.8%)、4〜5%の目標範囲内に収まっています。前年同様、2019年にディーゼル問題に関連して計上された特別損失は、19億ユーロ。

フォルクスワーゲンブランド最高執行責任者(COO)のラルフブランドシュテッター氏は「2020年は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、大きな課題に直面しています。しかし、昨年の確実な業績を背景に、勇気と自信を持ってこの危機に立ち向かうことができます。フォルクスワーゲンは、力強いチームを持った力強い企業です。そして、チームが一丸となって困難に立ち向かうことにより、大きな物事を達成できることを私たちは過去に何度も証明してきています」とコメントしています。

フォルクスワーゲンのEV「ID.4」

気になる今後の業績に関しては、現在の新型コロナウイルス危機に関連した不確実性により先を見通すことが困難な状況になっています。サプライヤーおよびロジスティクスの観点から見ても、ますます困難かつ目まぐるしく変化する状況を考えると、工場に安定した供給を継続的に提供することはもはや不可能としています。

フォルクスワーゲンブランド最高財務責任者(CFO)のアレクサンダーザイツ氏は「コロナウイルス危機は前例のないものであり、フォルクスワーゲンブランドの業績に影響を与えることは間違いありません。しかし、現時点では、影響の程度を推測することはできません。従業員を守り、事業を安定させるために全力を尽くします。現在の状況を注意深く監視しており、必要なところでは悪影響を可能な限り軽減するための措置を講ずる予定です。フォルクスワーゲンのチームは、困難な状況を乗り越えることができることを過去にも証明しています」とコメントしています。

新型コロナウイルスにより、工場の一時停止など危機を取り巻く現在の状況にもかかわらず、フォルクスワーゲンは、ブランドの新しい時代の始まりに向け、「TRANSFORM 2025+」戦略の第2段階をスタートさせています。

フォルクスワーゲン「ID.3」

2020年は、同ブランドの大規模な電動化攻勢をかけるとしています。新しいモジュラーエレクトリックドライブツールキット(MEB)をベースにした最初のEVである「ID.3(アイディ.3)」は、今年夏から納車される予定です。その後、ブランド初の電動SUVである「ID.4(アイディ.4)」が続きます。

さらに、従来のモデルの電動化も継続することにより、製品ラインナップをより拡充するとしています。加えて、2022年までにすべての主要セグメントにおいて「MEBプラットフォーム」をベースにしたEVを提供するとしています。そして、2025年までに、少なくとも年間150万台のEVを販売する計画を立てています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ