もっとも多いトラブル。バッテリーは時々定期点検を【自動車用語辞典:トラブル「バッテリー上がり」】

コラム Clicccar

クルマのトラブルでもっとも多いのが、バッテリー上がりです。バッテリーが上がると、スターターが回らなくなるので始動ができません。走行中に起こると、ヘッドランプやインパネ照明の明るさが変動して、チラツキが発生します。最終的には、点火や燃料制御ができなくなりエンジンが停止して、走行不能になります。

バッテリー上がりの原因と症状について、解説していきます。

バッテリー(鉛電池)は、電気エネルギーを供給する放電や逆に得られたエネルギーを電気として充電する2次電池です。充電は、エンジンで回転するオルタネーターの発電で行います。

オルタネーターは、電装部品への電力供給とともに、エンジン始動などで消費したバッテリーへの電力を補給(充電)する2つの役割を担っています。

ただし、オルタネーターは、エンジンで駆動しているのでエンジンが回っている時しか発電できません。エンジン始動時のスターターの起動は、直接バッテリーからの電力で行います。

通常オルタネーターによって発電する電力は、クルマの走行に必要な電装系への電力消費量を上回ります。余剰の電力はバッテリーに充電されるので、バッテリーが上がることはありません。

バッテリーが上がるのは、電力消費量がバッテリーの蓄電量を上回ったときです。その原因としては、2つに大別できます。

・オルタネーターまたは充電システムの作動不良

オルタネーター本体の機能不良やオルタネーターベルトの緩みや切れ、充放電制御不良

・バッテリーの劣化や動作不良

バッテリーは、使用不使用に関わらず時間とともに内部抵抗が増大して、経年劣化が進みます。劣化すると、電池容量と充放電機能が低下してバッテリーが上がりやすくなります。また、バッテリー液が少ない状態を放置していると、劣化が加速します。

バッテリーが正常だとすると、電気の使い過ぎです。エンジンが停止状態だとオルタネーターは充電できないので、ライトの消し忘れや半ドア状態で室内灯の長期点灯、エアコンの長期使用などでバッテリーが上がります。

適正なバッテリー液レベル

バッテリーが弱ってくると、いろいろな症状が表れます。

・バッテリー電圧が低下するので、スターターのクランキング回転が下がります。回転が下がると着火しづらくなるので、始動時間が長くなるなど始動性が悪化します。

・ヘッドランプやインパネ照明の明るさが、エンジン回転に応じて変動、チラツキが発生します。

・その他、パワーウィンドウやパワーシートなどの動きが鈍くなります。

走行中にバッテリーが上がって突然クルマが走行不能になることは、稀だと思います。通常は、始動不良でエンジンがかからなくなります。

バッテリー上がりの一般的な対応としては、ブースターケーブルを使って他車からバッテリー電圧を分けてもらう、ジャンピングスタートです。そのためには、ブースターケーブルをクルマに常備しておく必要があります。

助けてくれる他車が見つからない場合は、サービスや整備業者を呼んで対応してもらうしかありません。

バッテリー上がりを防止するには、バッテリーの定期的なチェック、バッテリー液が減っていれば補充するなどのメンテナンスが必要です。走り方にもよりますが3年以上経過している場合は、経時劣化の可能性が高いのでバッテリーを交換すべきと思います。

最近は、電池技術や充放電制御技術が進んでいるので、簡単にバッテリーが上がることはありません。しかし、バッテリーには寿命があるのでできるだけ長く安心して使うためには、やはり定期的な点検とメンテナンスが大切です。

(Mr.ソラン)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ